ダイエット

【ビタミン足りてる?】あなたの心を襲う新型栄養失調 寝ても疲れが取れないのは ビタミン ミネラル不足が原因 1

タク

 こんにちは、食痩・食心改善アドバイザー卓也です

 このページでは【あなたの不調は栄養不足?】について、詳しくわかりやすく丁寧に解説、今日からすぐ出来る食生活をあなたに

 先日はプチうつ気分を吹っ飛ばす食事法を解説していきました

【心のゆとりは食べ物で】イライラ気分を消していけ プチうつ気分が吹っ飛ぶ食事法 ダイエットとメンタルの関係1【最近気分が落ちてはいませんか?】プチうつ気分が食事で改善、日々の元気は食事が作る、うつ病や自律神経の乱れにも効果を発揮する食事方法あなたに、タンパク質が心を救う、今の食事を見直すチャンスにもつながる、あなたの不調糖質依存かも、今日から食事を変えて心をリフレッシュ...

 現代では食べ物はあふれており、ちょっと歩けばコンビニやスーパーが建っており、いつでも美味しい食品に出会えます

 しかし、現在増えているのが「新栄養失調」多くの方が関係ないと思われるかもしれませんが、ふたを開けてみるとっということは珍しくもないのです

 昔の栄養失調とは全く異なり、カロリーはしっかりと摂れているのですが、栄養素の偏りが激しく、極端に摂れていない栄養素が多いのです

 偏りをなくし、ストレスや風邪や病気等に負けない心身を作っていきましょう

タク

 3食食べているから大丈夫と言う訳ではないので、注意が必要になりますよ

今回の記事でわかること

・現代で足りない5つの栄養素

・ストレスが栄養素に与える影響

・筋肉が足りないのも栄養失調の一つ

 という内容で書き進めていこうと思います

 今日から少しずつ改善・対策していくことで、毎日が快適、元気な心身を保って健康な日々を過ごしていきましょう

結論:栄養で体を日々整える、脳の回復力をみにつけよう

 日々ストレスが多くて、毎日へとへと、寝ても疲れが取れないなんて話は年齢を重ねるとよく聞く話になり、30歳よりも40歳、40歳よりも50歳が疲れが溜まっていきます

 しかしこの現象は日々の疲れの蓄積、栄養失調が原因で、回復力が足りていない証拠でもあります

 会うたびにあの人元気だなっと思う人周りにいませんか?その方はストレスに強い脳つくりが出来ており、回復力の高い体とも言えます

 回復力が低い方は、日々の栄養不足が原因の方が多く、反対に糖質の摂りすぎで、さらに他の栄養素を無駄に使用しています

 栄養をちゃんと摂れている方は気持ちの切り替えなどがうまく、日々のストレスのダメージよりも回復力が上回っているため

 今日からストレスや風邪、環境の変化等にびくともしない体つくりを行っていきましょう

1・足りない栄養素と無駄に摂ってる栄養素

 日々の生活では意識しないと不足する栄養素があり、足りないことが日々の元気を奪っていきます

 栄養素が足りていないことによって心の面に大きく影響し、少しのストレスでもマイナスにとらえすぎで、何倍にも大きなダメージを受けてしまいます

 ダメージを受けても回復力も弱いので、蓄積量も多く心の水槽がすぐにいっぱいになり、長期の休息が必要になってしまうのです

 人は食べたもので出来ています、ストレスに強い、回復力が高くなるビタミン・ミネラルを体にチャージしていき、心、体の中から元気、快適な体つくりを

タク

 元気は食べ物で作れます、今日から自然と笑顔のあふれる食生活を

① いきなりふらつく鉄欠乏タイプ

 最近ふらつきやすい、めまいに肩こり、頭痛に悩んでいるなど、日常生活に影響を及ぼしやすいのが、鉄分不足、特に女性には多く見られ、ふらついて気がつく方も

【女性の6割が不足】メンタル関係の原因 現代人に多すぎる鉄分不足 美しく痩せるにも 心を整えるためにも 超重要ミネラル鉄分をしっかりと摂ることで痩せれる・メンタルも改善できる、今回は鉄分の重要性を解説、しかし女性の6割にあたる人が1日に必要な鉄分が摂れてないのが現状です、その影響で痩せれず、リバウンド、メンタルが落ちる原因になります どれだけ体に鉄分が重要なのかをしっかりと解説 ぜひタンパク質と一緒に...

 しかし、ふらつきやめまいが起こった後では遅く、鉄分不足がかなり進んでいる状態とも言え、めまいが出る前から進行が始まっていたからです

  

 体から鉄分が不足すると、やる気、集中力の低下を招き、体に酸素を効率よく運べないために冷えや肌荒れ、かさつきなどが見られます

 見た目の美しさ、若々しさに直結する、ミネラルになるので、毎日の補給を忘れないようにしていきましょう、症状が出始めた時は遅い場合があります

② 最近の肌荒れはビタミンB群不足の合図?

 

 アルコールをよく飲まれる方は、その分解によりビタミンB群が不足しやすくなり、気が付くと肌荒れや、ちょっと歩くと疲れたりと体に症状が出てきます

 肌荒れは口に中にも表れ、口内炎が出来てしまい、さらに治りにくく負のスパイラルにはまってしまいます

 そして気を付けたいのが、お肉などでしっかりとビタミンB群を摂取出来ていても、糖質やを多くとってしまうと、失われてしまい結果不足してしまうことも、少なくないのです

 ビタミンB群はお肉に多く含まれています、お肉をしっかりと食べて、糖質類の摂取を日々減らしていきましょう

③ 体の土台であるタンパク質が不足

 お肉は太る、魚はちょっとっといわれる女性も少なくはなく、お肉は悪とまで言われる方も、ダイエット中に野菜をしっかりと食べても美しくは痩せることはできません

 タンパク質は体の土台です、不足すると女性の美を損ない、髪質や肌のつや、張りにもろに出てきてしまい、筋肉が減り体重は落ちるのですが、体には悪いことばかり起きています

 うつ病の方はタンパク質が足りていないことが多く、メンタル疾患にも大きく関係しているタンパク質、摂取を意識していくことで、薬だけの治療よりも効果を発揮していきます

 糖質過多になりすぎてタンパク質の不足が続いてしまうと、メンタルを保つことは難しくなるので、タンパク質の不足を深刻化させないように、常に意識を忘れないように

④ 新陳代謝を加速させる亜鉛を

 最近味付けが濃ゆくなった気がしたり、ちょっとした切り傷の治りが遅かったりする場合は、亜鉛が不足している傾向があり、味付けの変化でさらに体に悪影響を与えていることも

 髪にも深く関係があり、ダイエットしながら美しさを保つには必須のミネラルになり、積極的に摂っていきたいところになります

 ビタミンB同様にアルコールの摂取、分解で亜鉛は消費されてしまうのでお酒が好きな方は、飲むだけでなく、栄養素の方も意識していきましょう

 サプリ等が安価であり、補給をしっかりと行うことができるので、気軽に亜鉛を摂ることを心がけを

⑤ インスリンを分泌するのにビタミンを消費する糖質過多

 食べ物やサプリでビタミン・ミネラルを補給していてもそのことを台無しにしてしまうのが、糖質の摂取なり、糖質を摂ると血糖が上がり、その血糖値を下げるために分泌されるインスリンに問題が

 インスリンの分泌には、多くのビタミン・ミネラルを消費してしまい、GI値の高い食品を常に食べてしまうと、どんどんこれらが削られてしまい、新栄養失調に

 糖質は脳のホルモンバランスが乱してしまい、さらに回復力を必要としてしまい、回復が間に合わず、疲れやすくなったりイライラが止まらなくなります

 イライラするから、収めるためにまた糖質っと多くの方がはまる負のループになるので、糖質を摂る前に、ナッツや高カカオチョコレート、するめ等で糖質オフを

⑥ 過剰なストレスは多くの栄養をそぎ取る

 もう聞かない日がないくらい日々耳にするストレス、このストレスですが本来は身を守るために人間が身に着けた知恵でもあるのですが、今では悪そのものです

 人は誰しもストレスを感じると、多くの興奮系の脳内ホルモンを準備するようにできており、時に起こったり、攻撃性を増し、自分を守るように働きかけます

 これらの脳内ホルモンの原材料こそが、タンパク質やビタミン・ミネラルになり、悪いストレスを受ければ受けるほど、どんどん消費をしてしまいます

 

 強いストレスで一気に消費をしたり、毎日少しずつ蝕んでいくストレスでじわじわと削られたり、消費スピードは様々になり栄養素も変わってきます

 これらは心に影響し、うつ病、パニック障害、不安症、適応障害など、現代における精神の病に陥り、治療中も栄養不足が続くとなお深刻化してしまいます

 多くの方が薬だけで治療に励みますが、人は食べ物で出来ており薬だけでは出来ていません、メンタル、心の病になった時ほどのゆっくり休んで、今の食事を見直すチャンスでもあります

 

 薬漬けになって全く治らないと言われる方も多いですが、その方の食生活見ると以前のまま、糖質過多が目立ち、新栄養失調状態、根本の部分を改善することが一番の治療です

 薬の力と、栄養素の力で寛解スピードも速くなり、以前よりも元気になる方もたくさん見てきました、ストレスを感じているなっと思ったら、食事を見直しましょう

2・ストレスを受けやすい女性の食事改善

 ストレスは性別関係なくうけ、受け続けるとメンタルに影響することに変わりはありませんが、女性の方が日常でのストレスはどうしても多くなります

 それは精神的なストレスと、身体なストレスを受け、月経、妊娠、出産、授乳、更年期と年齢、周期ごとに違うストレスを受け続けてしまうからです

 さらに女性は、体の成長によって必要な栄養素も変わり、常に不足なしがちなビタミン・ミネラルを補っていく必要があるのですが、誰も教えてはくれませんので、足りないままになります

詳しくはこちらから↓

【女性に必要な栄養素】女性ホルモンを味方につけて 自分に合った食事術をあなたに 貧血 不眠と今日で PART1【生理中の不調をなくす】日々の生活を改善していくことで、生理中の不調を減らすことができ、日々美しく快適に過ごすことが出来ます、毎日の生活で必要な栄養、生理中に不足する栄養、生理後にさらに美しくなる栄養をピックアップしていきましたので、ぜひ意識して日々過ごしていきましょう...

 成長期、妊娠・出産期、中年期、閉経期に大まかに分けられ、この期間で気を付けていきたい栄養素が変わります、しかし上記の4つは常に意識を忘れずに

 このことは自分だけの問題ではなく、女の子のお子さんがいる方、年齢を重ねてお母さんがおられる家庭も当てはまり、男だから関係がない訳ではないのでご注意を

 年代別に栄養素を把握することで、未来への対策もできていきますので、病気知らずの体を今からじっくりと作っていきましょう

① 成長期は男女関係なく全体的に栄養が不足しがちに

 骨や筋肉が大きく変化する成長期、油断をしているとあっという間に新栄養失調が進むことがあり、その分の補給も重要です

 成長期は男の子も栄養不足が目立ち、特にタンパク質と鉄分は性別関係なく不足しがちになり、朝ご飯を食べない子は、朝のタンパク質が不足するので、ホルモンバランスが整いません

 そして女の子は初潮が始まってしまい、鉄分が不足しがちになり、イライラが多くなったり、精神が安定しないことが多々あります

 さらに中学生や高校生になると、活発に運動部に入ったり、動く範囲も広くなったりと食生活が難しくなる時期にも

 運動をしているお子さんは、タンパク質や鉄分の量を増やしていき、タンパク質は体重×1.3~2.0gほどにし鉄分も8mg~12mgの摂取を

 食事だけでの摂取が難しい場合は、プロテインや鉄分サプリを飲んでいくと心強くなり、親子で一緒に対策をしていきましょう

 さらに家ではお米を何杯もお替りしたり、ファーストフードやカフェ等でいろいろな食べ物と出会い楽しい時期でもあります

 お米でお腹を満たす前にまずは、タンパク質とビタミン・ミネラルをしっかりと摂ってもらい、外食も楽しみになりますが、栄養面のサポートは忘れずに行っていきましょう

 更に年頃の女の子は無理なダイエットを行ってしまいがちになり、野菜しか食べなかったり、お肉を毛嫌いしてしまいますので

 美しく痩せるために筋肉の大切さを力説していきしょう、美しくなるにはタンパク質、朝もドリンクなどに栄養を補っていくプロテインなどを親子で補給を

② 成人してからの栄養、妊娠・出産時にはさらに栄養を

 大学生や、就職このあたりから生活スタイルが大きく変わり、自分でご飯を作り機会も増えてくるのですが、栄養のバランスが崩れやすい時期でもあります

 この時期は栄養の補充も大切なのですが、失わないことが重要になり、ストレスや糖質過多、飲み始めたお酒で無意識に体の栄養を失いやすくなります

 朝起きるのがだるかったり、寝ても疲れが取れないっと症状は出てきているのですが、改善せずに日々生活をしてしまい、どんどん栄養を失ってしまいます

 この時期には積極的にビタミンB群、亜鉛を摂ることを心がけ、ビタミンB群の葉酸とナイアシンを意識していきましょう

 葉酸は妊娠中にも出産後のも大きく関係してくるビタミンで、普段の生活でも不足が続いてしまうと、うつ病や睡眠障害を招きやすくなります

 ナイアシンが不足すると、脳内ホルモンバランスが崩れてしまい、こちらもメンタル面に直に影響をきたしてしまします

 ビタミンB群、マルチビタミンのサプリで気軽に摂ることが出来ますが、なるべく食材で摂ることを心がけ、食材の美味しさをたくさん味わいましょう

 更に結婚して子供を望む方は、亜鉛、タンパク質、ビタミンBをしっかりと摂りホルモンバランスを整えていくようにすると、変わってきます

 妊娠時期の栄養は子供にも関係がしてきます、サプリに服用などはお医者さんの意見をしっかりと聞き、なるべく自然派素材で取り込みましょう

 妊娠時に特に必要なのがタンパク質、お子さんの成長にも関係していき、自分の体の維持にも必要になります、プロテインなどの服用の際にもお医者さんに聞いていき、タンパク質補給を行っていきましょう

↓タンパク質の重要性はこちらから↓

【初心者向け】体に必要な栄養素No.1のタンパク質を知ろう⁉ ダイエット・メンタル改善に重要な食事の基礎 心身が変わるタンパク質をしっかりと摂ることで痩せれる・メンタルも改善できる、今回はタンパク質の重要性を解説、しかし95%の人が1日に必要なタンパク質が摂れてないのが現状です、その影響で痩せれず、リバウンド、メンタルが落ちる原因になります どれだけ体にタンパク質が重要なのかをしっかりと解説...

③ 中年期には女性ホルモンを補給していく

 40歳を過ぎると、中年期に差し掛かり、月経の期間も保たれていたとしても、女性ホルモンに大きく変化が表れていきます

 

 女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンに分けられこの2つのバランスを上手に保つことが、健康で元気な生活を過ごしていくことに必須になります

 エストロゲンが減ると、老化という症状に現れ、40台なのにかなり老けた印象を持たれることもあるのです

 更にホルモンバランスが崩れすぎると、イライラが止まらなく、ストレス過多になり、うつ病や自律神経の乱れにも影響をしていきます

 タンパク質やビタミン・ミネラルをしっかりと補給できたとしてもエストロゲンは不足しがちになります、ここで重要なのが大豆イソフラボン

 納豆・豆腐・豆乳など気軽に手に入り、摂り入れることが可能食品です、タンパク質補給に豆乳にプロテインを入れるとダブルで補給で出来ますので効率的

 ちょっとした改善で中年期を問題なく過ごしていくことができ、閉経期に備えることが出来、早い段階で対策することで、重病を早く対策でき、老後も元気に過ごしていくことが出来餡巣

④ 重病になる前の対策が必要な閉経期

 子育てや普段の仕事もひと段落し、人生を楽しんでいくため元気が重要になる閉経期、ここでも女性ホルモンが重要になり、中年期の生活リズムにさらに改善が必要になります

 閉経期はちょっとしたことが重症化する恐れがあり、最も気を付けていきたいのは、筋肉と骨の弱体化、転倒したことで、歩行困難になり一気に老け込む方も少なくありません

 筋肉と骨の強化に必要なのはタンパク質をベースにカルシウムとビタミンD摂取していく必要性があり、カルシウムだけ取ればいいと思ってある方も少なくないので気をつけましょう

 足にある大きな筋肉を維持するためにもタンパク質の摂取を増やす必要があり、体重×1.2gが日々の理想のタンパク質量になり、しっかりと忘れずに補給を

 食欲が減り食べるものも限られてくる時期になり、なおかつ習慣付いた米やパンを無意識に食べて栄養失調に陥りがちに

 この時期には魚をしっかりと食べる習慣をつけていき、タンパク質、カルシウム、ビタミンDを効率よく摂り、野菜でビタミン・ミネラルをしっかりと摂りましょう

 注意したいのが、時間があるので、ついついお菓子等に手が伸びがちになるので、糖質を摂った分栄養を補給をしていくことを心がけましょう

まとめ:年齢別に必要な栄養素をプラスしていく、タンパク質とビタミン・ミネラルをベースに

 今回は新栄養失調と年代別必要栄養素をピックアップしていきました

 これだけ食材があふれている中で、多くの方が新型栄養失調になり、自覚がないまま日々を過ごしてしまい、ある日突然、がくんっと衝動が来てしまいます

 日々の生活で必要となるのはタンパク質、ビタミンB群に亜鉛、鉄分になり、糖質をやアルコールを摂取してしまうと、これらを削って体が対応せざる負えなくなります

 更にストレスを受けることでなお一層上記の栄養素が減り、新型栄養失調、うつ病等の心の病気に繋がっていくのです

 年代によっても必要な栄養素は変わってくるので、日々の栄養摂取とプラスして摂取を心がけていきましょう

 病気や体調不良になってから対策をされる方が多く、それでは手遅れなことがほとんどになるので、毎日の栄養で今日から対策を

日々必要な栄養素をしっかりと補給していく

タンパク質を習慣化していく

ビタミンBや亜鉛、鉄分補給を

ちいさなうちから体つくりを

新型栄養失調を学ぶ

このブログでは食痩・食心改善に関する質問を募集しています

友だち追加

https://kogatakuya0125.com/wp-content/uploads/2022/10/89AF78D5-C9A5-4084-AF92-1928245F2F7F-1024×538.png

ABOUT ME
kogatakuya0125
多くの方々のダイエット・痩せない悩み・健康・メンタル改善のサポートをさせていただいています 私が行っているのは、食事の改善を主にしており、運動は当人にお任せ、人は食べたもので出来ていますが、現在は食べ物にあふれており食事管理が難しくなっています 日々少しずつ改善してするお手伝いをさせていただけると光栄です、一緒に頑張っていきましょう
RELATED POST
ダイエット・メンタル改善の基礎
ダイエット・メンタル改善の基礎