ダイエット

【心のゆとりは食べ物で】イライラ気分を消していけ プチうつ気分が吹っ飛ぶ食事法 ダイエットとメンタルの関係1

タク

 こんにちは、食痩・食心改善アドバイザー卓也です

 このページでは【食事でうつ気分を吹っ飛ばす】について、詳しくわかりやすく丁寧に解説、今日からすぐ出来る食生活をあなたに

 毎日忙しい日々に没頭しすぎて、元気を失い気が付けばメンタルが落ちていたり、外に出るのが億劫になったり、うつ病まではいきませんがプチうつ気分になってしまう日常

 このプチうつ気分も放っておくと、うつや自律神経が大きく乱れてしまうこともあり、会社に行きたくないや楽しさが無くなったりと心が乱れてしまいます

 そんなときに無理やり元気を出そうとするのは、逆効果になりメンタルがどんどん落ちていきます、改善するのは気持ちではなく「食べ物」

 人は食べている物で出来ています、心が乱れている時は食事が乱れている時が多く、加工食品、糖質過多、悪い脂質の摂りすぎが目立ちます

 今日は体の中から元気を出すための食事法をあなたに、実践していくと、自然にポジティブになっていきます

タク

 間違ったダイエットで心を乱してしまう方も少なくありません、心を乱さないダイエット法を身につけましょう

今回の記事でわかること

・メンタルが落ちる食べ物

・血糖値とメンタルの関係

・お肉とメンタルの繋がり

 という内容で書き進めていこうと思います

 今日から少しずつ改善・対策していくことで、1年中元気な心身を保って健康な日々を過ごしていきましょう

結論:心の元気はお肉を食べると吹っ飛ぶ、タンパク質不足は心の乱れ

 ストレスが溜まってきたから、やけ食いや爆食いを行ってストレスを発散する、そしてお腹がポッコリっといった話も珍しくなく

 このやけ食いしている物も糖や悪い脂質が多い物になり、返って体を蝕み、ストレスがなお一層溜まってしまうのです

 

 メンタルが落ちている時には、正確な判断が難しくなり、ホルモンバランスが細かく変化していく女性は男性に比べて心の振れ幅が大きく出やすくなります

 そしてメンタルが落ちている時ほど足りない栄養素がタンパク質、体の土台に重要な栄養素なのですが、95%の方に足りていないのが現状です

 メンタルを改善するのにはタンパク質ですが、普段からしっかりとタンパク質を摂っているとメンタルを保て、常に元気な1日を送れるのです

 今日からちょっと食べ方を変えて、プチうつ気分を吹っ飛ばしていきましょう

タク

 焼肉を辛い表情で食べている人を見ることはありません、お肉はみんなを笑顔にできる魔法の食べ物

1・毎日の不調は糖質過多・血糖値の乱高下が原因

 人は動いている時以外にも、栄養素を使っており、ストレスを感じたり、メンタルが疲れた時も脳は大量の栄養素を消費しており、この分の栄養を補給しなければいけません

 消費したままにしておくと、どんどん心が疲れていきますが、失われて分の栄養を補給することで再び元気を取り戻すことができるのです

 ここで間違ったものを補給してしまうと、一瞬光を取り戻すのですが、その代償が翌日に来てしまい、そしてまた間違った補給をすると負のループが始まります

 脳に必よな栄養と不要な栄養を把握していき、日々の生活に落とし込んでいきましょう

① 砂糖は未来の元気の前借をしている

 ちょっとブレイクこの時間で何を摂りますか?多くの方が甘い物を口に含み、疲れをいやしている気分になっています

 なぜか疲れた時には甘い物という間違った知識が広がり、休憩=甘い物の補給になってしまい、体の中は疲れがたまります

 脳にはブドウ糖が必要、糖は砂糖=甘い物っと誤認が先走りして定着、ダイエットに敵にもなりメンタルもじわじわと削り良いことなしに

 ストレスや疲れている時に消費しているのは、ブドウ糖ではなく、タンパク質と、ビタミン・ミネラルになり、甘いものはその場しのぎ、元気の前借でしかないのです

 そして甘い物で元気を続けていると起こるのは「砂糖・糖質依存」になり、体の中で疲れた時には甘い物、して疲れやすくなる、そして甘い物っと自転車操業が始まります

 今では朝パンで無意識に多くの糖質、悪い脂質、塩分過多で1日をスタートすることが多く、朝からイライラを作りやすい環境に

 朝は98%の人がタンパク質不足、最悪なコンディションで1日をスタートしています、まずは1日のスタートから見直していく必要があります

② 血糖値の上下と気分の上下は比例している

 血糖値は今では非常に重要な数値になり、健康のバロメーターの1種で目安にもなります

 日常の血糖値が高いと、多くの病気のリスクをあがてしまい、糖尿病や動脈硬化を促してしまうのです

 今の食生活は血糖値を上げやすい状況が広がり、甘い物を摂りすぎていると、常に血糖とは高い状態にあり、体には悪影響が続きプチうつを招きやすい環境になります

 甘いものはそれこそ一気に血糖値を上げ、インスリンが分泌され、血糖値を下がるためにさらに睡魔が来る現象が起こり、それを防ぐために甘い物

 血糖値の乱高下も脳にはストレスになり、その影響が心にも身体にも反映されてしまうのです

③ 血糖値が睡眠にも大きな影響を与える

 眠っても疲れが取れない、睡眠時間が短くなっているなど、メンタル面にも大きな影響を及ぼす睡眠、しかし睡眠にも血糖値は関係してきます

 糖質制限をしている方は、寝つきが良く良質な睡眠をとれているという研究結果も出ており、睡眠に入る前の血糖値が心のケアにも重要になります

 1日血糖値を抑えることが理想とされますが、難しい場合は夕食以降は血糖値を上げないように意識していきましょう

 夜に白米を食べなかったからといってもアイスやケーキをを食べてしまったら、本末転倒になるので、習慣化してしまっている方は、少しずつ改善を

 次の日の朝ごはんも気を付けた方がよく、ここで糖質を高いGI値食品を摂ると、血糖値は爆上がり、朝起きたばかりなのに、急劇な睡魔に襲われます

 夜に小腹がすいた時はナッツや高カカオチョコレートを、朝のご飯はタンパク質をしっかりと摂り、毎日最高の日々を過ごしていきましょう

【間食で美しく】10以上の健康効果 小腹が空いた時に罪悪感なく おやつを メンタルも整える高カカオチョコレートをあなたに多くの方の悩みの痩せている際の間食、間違った間食が原因で暴飲暴食に走る方も多く、今までの努力が水の泡になってしまうことも、今回は美しく瘦せる、メンタルの改善も出来る間食の高カカオチョコレートの解説、今日から間食が楽しくなる、カカオの力とポリフェノールを体に取り込んでいきましょう...

【おやつで美人】1日1掴み スーパーフードナッツを毎日取り入れよう 自律神経を整えて衰え知らずの体つくりを【最高のおやつタイムを】本日はスーパーフードのナッツ類のピックアップ、普段のおやつタイムが健康や美容の第一歩に繋がりますよ、ナッツは気軽に買うことが出来るのですがその持っている効果はものすごいパワーを秘めているのですあなたにナッツのスーパーパワーを体に取り込みましょう...

2・タンパク質で心も体もフレッシュな毎日を

 甘いものは良くないなら何を、食べたらいいのっと思われる方は「糖質依存」の傾向があるので、少し注意が必要になり、糖質の代わりにタンパク質を代わりに取りましょう

 無意識の糖質生活から、意識したタンパク質満点の生活に変えるだけで、心身共に大きく変わり、その変化を自分でも体感することもできます

 タンパク質も動物性の物を選んでいくとよく、肉、魚、卵を日常で補っていくことで、日々の元気がどんどん作られていくわけです

 私たちの体内では、心に関係のある脳内ホルモンが約20種類あると言われていますが、これらすべてタンパク質から作られていることが分かっています

 動物性のタンパク質から毎日に必要な必須アミノ酸は作られ、作られることで幸福感や心に安らぎをもたらすことができるのです

① イライラとコレステロール値の関係

 お肉は避けられがちな食品で、魚は昔のような消費量はもうなく、タンパク質の摂取が減ってしまいコレステロール値も一緒に下がってしまいます

 以前はコレステロールはそれこそ「悪」でしたが、今ではコレステロール値は重要な健康なバロメーターになり、コレステロール値が低い方ほど気分が安定しないことも分かっています

 特に女性の低コレステロール状態はデメリットしかなく、イライラに始まり、攻撃性が増えたり、メンタルの不安定、生理うつ・産後うつも招きやすくなります

 動物性タンパク質を食べていくことで、正常にコレステロール値を保つことが出来、上記の症状の予防にもつながり、メンタルも一定に保てます

 ただしお肉の脂身には注意しましょう、こちらは脂質が豊富に含まれ、悪玉コレステロールを増やすので、お肉は赤い物をチョイスしましょう

② タンパク質と一緒に鉄を体に

 タンパク質っと聞くと、マッチョマンのような筋肉もりもりの方が頭をよぎります、反対にお肉を食べる女性はなかなかイメージが湧きません

 女性が動物性タンパク質を豊富に摂ってほしい理由の中に、鉄分の補給もあり、タンパク質同様鉄分不足が深刻な方が女性には多いのです

【女性の6割が不足】メンタル関係の原因 現代人に多すぎる鉄分不足 美しく痩せるにも 心を整えるためにも 超重要ミネラル鉄分をしっかりと摂ることで痩せれる・メンタルも改善できる、今回は鉄分の重要性を解説、しかし女性の6割にあたる人が1日に必要な鉄分が摂れてないのが現状です、その影響で痩せれず、リバウンド、メンタルが落ちる原因になります どれだけ体に鉄分が重要なのかをしっかりと解説 ぜひタンパク質と一緒に...

 鉄分は体全体に酸素を運んでくれ、幸福物質セロトニンの生成にも非常に重要なミネラルに

 月経のある女性は、鉄分が不足しまいがちになり、症状が深刻化してしまうこともあるので、鉄分の補給とタンパク質の補給を意識した食生活をし、足りない分はサプリ等で代替しましょう

③ ランチはおかずを決めることから

 1日の合間のランチタイム、メニュー選びは非常に楽しい時間になり、気になる新メニューが出ていることも

 しかし、プチうつ気分を払拭していくのなら、おかずにピックアップをしていき、タンパク質が摂れるものを選ぶことで美味しく栄養素を補給できるのです

 どうしてもラーメンやパスタやうどんにパンと糖質を摂りすぎてしまうメニューばかりになるので、お肉や魚を摂ることができるメニューを選びましょう

 そしてお昼に糖質を摂ることで、上がった血糖値を下げるためにインスリンが分泌、この血糖値を下げると同時に睡魔に襲われてお昼の仕事に影響が出てしまいます

④ 三角食べは古い、タンパク質ファースト

 以前は食事をとる際には三角食べがなぜか基本とされていましたが、もう現代ではそのたべ方は時代遅れになります

 ダイエットには野菜ファーストを食べて血糖値の急上昇を防ぐ食べ方が目立ちますが、まずはお肉を食べてタンパク質補給、メンタル面の改善に目を向けましょう

 お肉を食べた後には野菜でビタミン・ミネラル・食物繊維を体に摂り入れて、タンパクの吸収率を高めたり、便秘の解消に努めるようにしましょう

 最後に食べて、お腹いっぱいにならないくらいに食べるのが理想とされます、または糖質は摂らなくても構いません

 朝などゆっくり食べる暇がない時でもタンパク質の意識を忘れず、プロテインで気軽にタンパク質補給をし、軽くつまめるナッツ類を

 プチうつを改善するためには、朝のタンパク質が大切、ここで抜いてしまうとあまりいいスタートが切れなくなりますので、朝のタンパク質を意識していきましょう

⑤ 買い物での隠れ糖質に注意

 今のスーパーはたくさんの商品があり、ちょっとうろうろするだけでも非常に楽しい空間になり、新商品などがあるとついつい目が行きがちになります

 

 しかし、スーパーに訪れた際に注意するのが隠れ糖質、無意識にとる糖質や添加物になり、メンタル改善だけではなく、ダイエットにも重要なことになります

 まず多くのスーパーに入ると野菜コーナーが広がり、色とりどりの野菜たちが出迎えてくれます、野菜だからどれも健康のお手伝いをしてくれるのですが

 糖質の面でみると、イモ類や根菜、カボチャにトウモロコシなどは控えた方がいいでしょう、しかし、悪い食べ物と言う訳ではないので、無理に我慢せずにたまに食べるくらいの意識で

 野菜コーナーで積極的に摂り入れたいのは、葉物野菜に緑黄色野菜、キノコ類になり、毎日食卓に並べていきたい食べ物になります

 野菜ではないですが、アボカドも魅力的な果物になるので、ぜひサラダに盛り付けていきましょう

【食べる美容液アボカド】老化をストップ 美容にも体調改善 病気予防にも 体の中から美しく若返りを 栄養源の塊 1【体の中から美しく】アボカドパワーで美しく、フルーツ界最高の栄養素を摂り入れよう、食物繊維に多くのビタミン・ミネラルで体の中から美しく維持していく、多くの食材と相性が良くメインにもサブの力を発揮してくれます 幸せの詰まったアボカドで今日からしっかりと美容と健康管理をしていきましょう...

 野菜コーナーを抜けると、魚コーナーがあると思います、自分の好きな魚を選んでいくようにし、わかめやモズク、めかぶなども積極的に食卓に並べ

 甲殻類や貝類に抵抗がない方は貴重なタンパク質と鉄分源になり、料理の幅も広がるのでお勧めになります

 魚で気を付けたいのが、調理法になり、砂糖や醤油が多い煮つけ、照り焼きは控えていき、さっぱりと焼く、刺身、味噌汁等で食べると糖質を控えることが出来

 お店で味付けがされたもの、タレがかかっている物は極力控えるように、これらは思った以上に砂糖や添加物が含まれ、タンパク質は摂れていても血糖値が上昇してしまいます

 そしてお肉コーナーに到着、お肉は脂質が多そうな白いお肉ではなく、赤身のお肉をなるべく選んでいくようにしていき、魚同様、調理済み、タレ付けの物は控えましょう

 作ってあるハンバーグにも隠れ小麦粉が潜んでいますので、注意が必要になり、食べる際にもタレや醤油などは控えレモン汁や塩でさっぱり食べていきましょう

 そしてハムやソーセージは糖質プラス添加物の関連があるので、なるべく控えるように、食べる際には無添加の良質なものを選びましょう

 そして調味料には多くの糖質や悪い脂質が含まれており、糖質0や脂質0の物でも添加物まみれになるんで、できれば酢、リンゴ酢、ホワイトビネガーやレモン汁、岩塩などを選びましょう

 今ではスパイス等も気軽に手に入れることができるので、自分に合った美味しいスパイスを見つけましょう、入門にはカレースパイスなどがおすすめになります

 スーパーで忘れてはいけないのが、納豆や豆腐の大豆食品、これらも植物性タンパク質が豊富になるので、動物性同様しっかりと摂ることを心がけましょう

 ただし納豆に付属のタレは入れてはいけません、無意識に砂糖を摂ってしまう代表の付属のタレになり、オリーブオイルや酢をかけて楽しみましょう

 おかしコーナーには魅力的なものが多数あります、この中で無塩のミックスナッツ、高カカオチョコレート、無添加無糖のするめなどが好ましい食品になり、基本的にメンタル改善にはお菓子コーナーはスルーになります

 卵もプチうつ改善の縁の下の力持ちになり、毎日最低1個は食べていきたい食品になります、料理には何にでも相性がいいので、ぜひお忘れなく

まとめ:日々の元気はタンパク質を プチうつ気分とさよならして毎日元気

 本日はプチうつ気分を吹っ飛ばす食事法になります、重要なのはタンパク質、体の基本作り、メンタル改善にはかかせません

 うつ病や自律神経の乱れにも効果的な食事法になっており、タンパク質をベースに食事を考えていくと、日々の快調感が自分でもわかるようになってきます

 プチうつ気分状態の時の早めの対策は深刻化する前に対策をすると、すぐにでも以前のような元気を取り戻すことが出来、前よりも活発さが増すことも

 今お菓子を食べすぎてないか、ご飯パン、パスタなどの糖質メインになっていないかをぜひ見直していきましょう、案外簡単に対策改善はできます

タク

 以前よりもアクティブになり、新たな発見、趣味が見つかる方も多くいらっしゃいます、タンパク質で心身共に活発化を

日々必要な栄養素をしっかりと補給していく

タンパク質を習慣化していく

新鮮な野菜を摂り入れて体の中から綺麗に

小腹がすいた時のピンチヒッター

メンタルは食事で改善方法

このブログでは食痩・食心改善に関する質問を募集しています

友だち追加

https://kogatakuya0125.com/wp-content/uploads/2022/10/C223E621-1718-4AE8-B005-951B4F955F29-1024×538.png

ABOUT ME
kogatakuya0125
多くの方々のダイエット・痩せない悩み・健康・メンタル改善のサポートをさせていただいています 私が行っているのは、食事の改善を主にしており、運動は当人にお任せ、人は食べたもので出来ていますが、現在は食べ物にあふれており食事管理が難しくなっています 日々少しずつ改善してするお手伝いをさせていただけると光栄です、一緒に頑張っていきましょう
RELATED POST
プチダイエット30選
プチダイエット30選