ダイエット

【花粉症知らずに】ビタミンD不足を解消しよう 腸とうつ病を改善 スーパービタミンをあなたに オーソモレキュラーを

タク

 こんにちは、食痩・食心改善アドバイザー卓也です

 このページでは【ビタミンDで花粉症対策について、詳しくわかりやすく丁寧に解説、今日からすぐ出来る食生活をあなたに

 前回は花粉症のメカニズムリーキーガット症候群についてピックアップしていきました、今回はその改善方法になり、花粉症対策にもなります

【花粉症対策は食べ物で】リーキーガット症候群を知る 薬で腸を荒らすより 食べ物で腸を美してアレルギー知らずに 1【リーキーガット症候群を知る】花粉症を薬だけで治そうとしない、日々の食生活で対策・改善を、小麦粉の加工食品や乳製品、アルコールがあなたの腸を苦しめる、国民病の花粉症を基礎から寛解 花粉症うつを防いだり、生活を整えることで綺麗に体系を整えることも、まずは食生活の見直しを...

 花粉症は腸が荒れてしまい、リーキーガット(腸から漏れる)が起こり、正常な腸では吸収しない、栄養素を吸収、その中にはアレルギー成分やウイルスなども含まれます

 今回は花粉症になりにくい腸を作るために対策・改善方法を取り上げていきます、季節問わず始めて、いつ来るか分からない花粉を体に中でしっかりと退治、排出していきましょう

 難しいことはなく、今日からできますので、花粉症で涙や鼻水を薬で無理やり止めてさらに花粉症を悪化させるよりもしっかりと、食生活を整えていくと変わります

 花粉症から不眠やうつ病になる方もすくなくありません、そして本日の改善法はうつ病の方にも大きく効果を発揮していきます

タク

 私も腸を意識し始めて4年、風邪一つひかず毎日快適な日々を過ごせています

今回の記事でわかること

・ビタミンDと花粉症の繋がり

・花粉症にも力を発揮するビタミンD

・ビタミンD以外にも必要な栄養素

 という内容で書き進めていこうと思います

 今日から少しずつ改善、対策をしていくことで、一年中元気な心身を保って健康な日々を過ごしていきましょう

結論:鍵を握るのはビタミンD、花粉症を撃退する最強の矛に

 ビタミンDはここ最近非常に注目を集めているビタミンになり、今では欠かせないビタミン・ミネラルの1つになっています

 特にうつ病の方やメンタルに影響が出ている方はビタミンDが不足している方が多いのも現状です

 以前は骨の吸収を助けるので骨粗鬆症の予防にうってつけのビタミンと思われ高齢者の方は積極的に摂ると言いくらいのビタミンでしたが

 今では子供のうちから毎日しっかりと摂取が必要になり、不足すると多くの体にも、心にも不調が多く出てきます

 花粉症予防・改善もその一つになり、花粉症の方に足りないビタミンになりますので、その素晴らしさを今回は見ていきましょう

タク

 花粉症の方だけに限らず、メンタルに不調がある方もぜひビタミンDを意識した生活をしていきましょう

1・花粉症とビタミンDの関係、ビタミンDをメインに対策を

 ビタミンDは、研究がドンドン進み非常に重要なビタミンなっており、免疫の強化にも、メンタルの改善にもダブルで働いてくれるスーパービタミン

 脳や心臓、腸、血管等体全身の至るところの細胞に働きかけえうホルモンと同じような働きがあり、生きていく上では切っても切れない関係にあります

 ビタミンDは食材から摂ることはもちろん、日の光を浴びる事でも生成され、最もお金がかからず生成されるビタミンにもなります

 夏場は15分、冬場は30分ほどの時間で十分なのですが、現代では時間に追われる傾向にあるので、なかなか日の光を浴びる時間もありません

 忙しいことも去ることながら、今では日焼けが嫌と言うことで、外に出ても日焼け止めを塗り、自らビタミンDの生成を妨げてしまう方も少なくはありません

 日の光を15分~程後に、さっと汗を拭いて日焼け止めを塗ることで、ビタミンDをしっかりと摂った後に、日焼け予防もしっかりと行うことが可能になります

 生きていく上で、必要なビタミンDを摂り花粉症の方だけに限らず、普段の生活からの取り込みを

① ビタミンDと日照時間の深い関り

 冬は外のが寒くなり、あまり好んで外に出る方は少ないと思いますが、冬こそしっかりと日光を浴びる必要があり、風邪予防ばかりか、花粉症の時期になる前に対策を摂ることが可能になります

 冬には日照時間が短くなるのに比例して、風邪やウイルスなどにかかる人の割合も増加し、更に冬期うつ病とこの時期にメンタルが一気に落ち込む方も少なくありません

 冬にビタミンDが不足して、腸が弱っているところに花粉が飛んできて、花粉に反応し涙や鼻水が止まらなくなってしまうと、負のループに入ってしまいます

 体はサイクルがあるので、花粉症の時期だけ日の光を浴びればいいと言う訳ではありませんので、花粉症が飛んでいない時期のビタミンDの摂取が、来年の鍵を握ります

② 血糖値にも関係をしている

 ビタミンDが摂れていない人ほど、血糖の調整がうまくいっていないことがあり、ビタミンDが肝臓からインスリンを出すように指示し量の調整も行っています

 分泌も量の調整も同時に行っているビタミンDが不足してしまうと、この両方が一気にうまくいかなくなり、インスリンを作れず、作れても十分な量が出ずに血糖値が高いままに

 花粉症じゃないからビタミンDを摂らなくてもいいわけでなく、現代病の糖尿病の予防にも必要になるので、ビタミンD補給を忘れないように

③ ADHDや老化、認知症の対策にも

 ビタミンDは脳にも効果をもたらし、脳の神経機能を保護してくれる働きもあります

 神経にとって必要な栄養因子を増やしてくれたり、細胞内の毒素を消してくれる働きのあるグルタチオンを脳の神経細胞の中で増やしたり

  

 さらにグルタチオンは細胞の錆を取り、酸化してしまったビタミンCをもとに戻すと言った働きもしてくれます

 ビタミンCを復活させてくれるので、美容には嬉しい抗酸化作用を高めてくれるので体の中から綺麗に

 こういったことからビタミンDは脳の神経細胞を酸化ストレスから守ってくれることから、老化や認知症の予防、うつなどを防ぐことが出来るのです

 ADHDや双極性障害などにも効果を発揮しているというデータも出てきていますので、今後のビタミンDの研究からも目が離せません

④ 筋肉の維持にも繋がりロコモ防止で老後も病気知らず

 年齢を重ねていくことで、瞬発的に大きな力をだす速筋の繊維が減り、鍛えづらくもなります

 速筋が減ってしまうと、転倒しやすくなり、躓いた時などに踏ん張りがきかずに大けがを負ってしまい、なかなか治らずにさらに筋肉繊維が減り、歩くのすら困難に

 人は足腰から弱くなり、病気の進行が早くなったり、寝たきりになるリスクが上がってしまいます

 タンパク質と効率良く同時摂取をしていくと、筋肉量を減らすことなく、花粉症対策をしていくことが出来るのです

2・ビタミンD以外にも必要な栄養素を摂って花粉症対策

 ビタミンDだけを摂れば花粉症知らずかと言うと全くそんなことはなく、同時に色々な栄養を加えることでさらに花粉症対策をパワーアップしてくれます

 

 ビタミンDの摂取をベースにして紹介する栄養素をプラスしていくことで、予防・改善効果は高まり、花粉症だけでなく、体質改善にも大きく力を発揮します

 花粉症対策のためだけに食べるのではなく、日々の生活の見直しのためにもしっかりと食材を選んでいきましょう

① 良い脂質も摂る必要がある

 一見花粉症と脂質は関係がないように思えますが、良い脂質も花粉症予防には関係性があるのですが、なぜか脂質を女性は避けがちにあり、良い脂質不足に陥ります

 脂質には細胞膜の原料、細胞の形や柔軟性を決める役割を補っており、細胞膜の質は、細胞の内と外の栄養や酸素などで決まります

 細胞の機能は良い脂質を摂ることで決まり、様々なホルモンの原料にもなり、エネルギーとしても使用でき、体を動かす上でも少量の脂質でパフォーマンスを発揮できます

 食事でとった脂質は、血液にそのまま入ったりはせずに、分解をされタンパク質を一緒に血管のナタに入ります

 勘違いされやすいのが、脂質は太ると言うことはなく、体に悪い物とイメージやドロドロ血の原因にも、コレステロール値を上げるのでもないので、良い油の摂取も忘れずに

①-1 良い脂質のオメガ3脂肪酸

 オメガ3は体内で作ることが出来ず、外から摂取する必要があり、青魚の脂質、亜麻仁油、えごま油、MCTオイルが代表されます、そしてクルミの脂質にもオメガ3が含まれます

 以前はオメガ3がここまで注目されることがなかったのは、日本人は魚を摂る文化があり、無意識にオメガ3を摂取していましたが、食文化が変わり、摂取量は減っています

 オメガ3には、抗炎症作用に加え、抗アレルギー作用があるので、花粉症対策にも効果を発揮してくれ、魚にはビタミンDも含まれるので、同時摂取が可能になります

 さらに血管にも良好に働き、血液をサラサラにしてくれたり、血管系の病気を防いでくれ、花粉症以外の病気の予防にも効果をもたらします

 オメガ3がふんだんに含まれている、しそ油、亜麻仁油、えごま油などは熱に弱い傾向にあるので、サラダなどにさっとかけるようにして摂取を

② 更に鉄分を加えると対策の効果が上がる

 女性に不足しがちな鉄分、花粉症に悩まれる方の多くが鉄分不足が見られ、ビタミンDと同様に積極的な摂取が心がけが必要になります

【女性の6割が不足】メンタル関係の原因 現代人に多すぎる鉄分不足 美しく痩せるにも 心を整えるためにも 超重要ミネラル鉄分をしっかりと摂ることで痩せれる・メンタルも改善できる、今回は鉄分の重要性を解説、しかし女性の6割にあたる人が1日に必要な鉄分が摂れてないのが現状です、その影響で痩せれず、リバウンド、メンタルが落ちる原因になります どれだけ体に鉄分が重要なのかをしっかりと解説 ぜひタンパク質と一緒に...

 鉄分は、血液を運ぶイメージが強いですが、働きはそれだけではなく、腸や鼻、目などの粘膜細胞に含まれた細胞を丈夫にしてくれ、免疫システムがアップしていきます

 もちろん貧血予防にも鉄分は必須になり、鉄が体全身に血液を運んでくれますので、不足するとあちこちでヘモグロビンが足りなくなり

 血液中の酸素も減り、体全身が酸欠状態になってしまい、めまい、倦怠感、頭痛、急激な疲労などよいことが起こることはまずありません

 そして粘膜の細胞も酸欠に陥ることがあり、鉄分が足りていないと細胞が働かずに免疫システムが低下をしてしまいます

 鉄分はエネルギーの姿勢にも関わりますので、不足してしまうとタンパク質の代謝がうまくいかずに、花粉症が増悪します

 鉄分不足の一つに冷え性もあり、体が冷えて、花粉症以外にも風邪やウイルスにも抵抗できなくなり、風邪にかかりやすく、治りにくく体になってしまします

 鉄分を毎日食材で摂るのが難しいと思われる方は、私もしっかりと飲んでいる、ヘム鉄やキレート鉄のサプリで体に鉄をプラスしていきましょう

③ 亜鉛でさらに粘膜を強化し免疫アップ

 亜鉛も免疫力を高めてくれるために必要なミネラルになり、免疫の働きを直接高める作用があり、粘膜の働きを高めて花粉やウイルスなどの侵入をも抑制してくれます

 亜鉛は体内の多る所で働き、免疫細胞である白血球を増殖させる働きがあり、粘膜の健康を守る作用のある、ビタミンAの利用効率も高めます

 そして亜鉛は体内の炎症を防いでくれる作用もあり、花粉症の症状改善などアレルギー疾患の抑制にも効果を発揮してくれます

 体の酸化を防いでくれる働きがあるので、老化を防ぎ、全身の細胞を活性化することで、免疫機能の向上に役に立ちますので、積極的に摂りましょう

④ 体の基礎となるタンパク質は必須

 ビタミンDで花粉症対策や免疫アップをしていく事と大切なのが、タンパク質をしっかりと摂っていく事が重要になり、体の基礎部分を造り元気に対策が出来ます

【初心者向け】体に必要な栄養素No.1のタンパク質を知ろう⁉ ダイエット・メンタル改善に重要な食事の基礎 心身が変わるタンパク質をしっかりと摂ることで痩せれる・メンタルも改善できる、今回はタンパク質の重要性を解説、しかし95%の人が1日に必要なタンパク質が摂れてないのが現状です、その影響で痩せれず、リバウンド、メンタルが落ちる原因になります どれだけ体にタンパク質が重要なのかをしっかりと解説...

 タンパク質をしっかりと摂らないと、ビタミンやミネラルの代謝がうまくいかずに、体内で効率よく吸収されずに無駄になってしまいます

 また体にトラブルが起こっている時には、どこかで炎症が起こっていることが多く、炎症が起きている時にはタンパク質の必要量が多くなります

 毎日体重×1.0g=1日に必要なタンパク質量になるのですが、炎症が起きている時はこの量よりもプラスαする必要があり、一気に摂るのでなく、分割しての摂取が理想になります

 免疫システムの最前線で働く白血球もタンパク質からできており、細胞のエネルギーとなる酸素を運ぶヘモグロビンもタンパク質から生成されるので、毎日の摂取をこころがけましょう

まとめ:ビタミンDを摂り花粉症を今日から改善 対策しながら元気な体を

 本日は花粉症対策に必須ビタミンDをピックアップしていきました、花粉症対策だけではなく、多くの病気リスク軽減にも繋がり、日々の元気の源になります

 まずは花粉症の原因になるリーキーガット症候群から学ぶと対策方法がさらに詳しくわかります

【花粉症対策は食べ物で】リーキーガット症候群を知る 薬で腸を荒らすより 食べ物で腸を美してアレルギー知らずに 1【リーキーガット症候群を知る】花粉症を薬だけで治そうとしない、日々の食生活で対策・改善を、小麦粉の加工食品や乳製品、アルコールがあなたの腸を苦しめる、国民病の花粉症を基礎から寛解 花粉症うつを防いだり、生活を整えることで綺麗に体系を整えることも、まずは食生活の見直しを...

 ビタミンDは無料で摂ることが可能なので、太陽の光を体全身に浴びて補給をしていきましょう、夏場は15分、冬場は30分浴びることで、対策が可能です

 しかし、仕事等で時間が取れない方などは食事やマルチビタミン等で補っていきましょう、花粉症対策にもなり、更には、ストレス軽減などにも繋がります

 花粉症対策で始めた健康方が、気づけば1年間風邪ひかなかったや、毎日目覚めが良いなど、体にいいことが次から次に表れて、日々ポジティブなスタートを切ることが出来ます

タク

 調子がいいことで無駄な病院代や薬代がかからず将来の重病予防になるので是非早めの対策を

花粉症対策を食べ物や乳酸菌サプリ、食物繊維をプラスで

食べ物で花粉症対策を学ぼう

このブログでは食痩・食心改善に関する質問を募集しています

友だち追加

https://kogatakuya0125.com/wp-content/uploads/2022/10/B3FE8CD6-2788-4CC4-8A44-3E9DF5464B7F-1024×538.png

ABOUT ME
kogatakuya0125
多くの方々のダイエット・痩せない悩み・健康・メンタル改善のサポートをさせていただいています 私が行っているのは、食事の改善を主にしており、運動は当人にお任せ、人は食べたもので出来ていますが、現在は食べ物にあふれており食事管理が難しくなっています 日々少しずつ改善してするお手伝いをさせていただけると光栄です、一緒に頑張っていきましょう
RELATED POST
ダイエット・メンタル改善の基礎
ダイエット・メンタル改善の基礎