ダイエット

【噛む幸せをあなたに】口に筋トレを 30回噛むだけでダイエット メンタル うつ寛解へ 免疫力と自己肯定感を上げよう

タク

 こんにちは、食痩・食心改善アドバイザー卓也です

 このページでは【噛む力】について、詳しくわかりやすく丁寧に解説、今日からすぐ出来る食生活をあなたに

 美味しいランチタイムで、食事がきた瞬間あっという間に食べ終わる方、スマホやパソコン作業しながらの食事をされてある方を見かけます

 このような食べ方を続けてしまうと、肥満や多くの病気のリスクを上げ、メンタルも下がりマイナス思考に

 今日は噛むことの大切さになり、噛んでだべるだけで人は幸せを感じることが出来、病気を寄せ付けない体作りを行えます

 簡単に始めることが出来、体がみるみる良い方向に変わっていきますので、是非取り入れていきましょう

タク

 私も以前は早食いでしたが、改善してゆっくり噛んで食事を楽しむことが出来ています

今回の記事でわかること

・咀嚼と歯周病の繋がり

・唾液の重要性を知る

・噛んで食べると体に起こるいい事

 という内容で書き進めていこうと思います

 今日から少しずつ改善、対策をしていくことで、一年中元気な心身を保って健康な日々を過ごしていきましょう

結論:1口30回噛むだけ、口の中から美しく痩せて 幸福感を

 よく小さなころから「よく噛んで食べなさい」っと言われたことのある方は、私だけではないはず、しかし、何故噛んで食べるのかは分からずじまい

 現代では圧倒的に噛む回数が減り、食事が作業になってある方も、食事の内容も柔らかい物が増えてあまり噛まなくてよい物ばかりになり、更に噛むことが減りました

 よく噛んで食べることで、菌やウイルス対策にも繋がり外敵から体を守る効果に、脳を刺激してくれアクティブに、自律神経を整えていく効果も

 今日から食事をどんどん噛んで食べたくなるので、ぜひ日常で取り入れ、食事を最高の時間に変えていきましょう

タク

 噛んで食べると間食等も無くなり、無料で出来るのでお財布にも優しく、体系の変化も楽しめます

1・噛んで食べると起こる体の変化

 口の中で自然と作られている唾液、普段は何気なく分泌されていますが、実は体のためにものすごく活躍をしており、唾液の分泌が病気に大きく関係してきます

 最近では唾液を調べるだけで、ガンの発見やストレスチェックなども分かるようになり、歯科医院では虫歯や歯周病の検査も

 唾液は血液と循環しあう関係性にあり、他の分泌物と違い、脳の近くにあることがポイントになり、唾液の質が上がると、脳にも良い影響が出てくるのです

 100種類以上にも及ぶ唾液成分は、血液とともに全身に運ばれ抗ウイルス、抗菌成分のは働き、免疫力を高め、風邪や感染症を体の中からガードしてくれます

 他にも噛んで唾液が分泌されて起こる良い影響を見ていきましょう、今の不調も噛んでいないことが原因の事が多々あります

①-1 ダイエットとメンタルの大敵 血糖値を安定させる

 今や国民病とも呼ばれる糖尿病、予備軍も含めると2000万近くいるとも言われ、肥満、運動不足が原因にもなるのですが、噛まない事も関りが

 糖質を含むものを食べると、血液中の血糖値が上昇し、その上昇を下げるためにインスリンが分泌し下げていきます

 インスリンが分泌させると多くビタミンが失われるほか、余ったブドウ糖は内臓脂肪として体の至る所に貯金され、少しずつ肥満に近づき

 このような生活が長く続いてしまうと、インスリンの分泌が少なくなったり、働きが弱くなり、糖が血液の中にあふれてしまいます

 この血糖値の上昇を防ぐために噛むことがとても重要になり、よく噛むことで、脳がリラックスし自律神経を整え、インスリンの分泌量が安定

 そして噛むことで、食べ物が小さくなり、食道から胃、腸に負担をかける事少なくなり、臓器にもストレスなく働いてくれ血糖値の上昇を長引かせずに済みます

①-2 腸内を整えて、便秘解消

 よく噛んで胃と腸へのストレスを減らすことによって、腸のぜん動運動が活発になり、腸の働きが良くなり便秘の解消に効果的

 噛んで物が細かくなるので、栄養の吸収もスムーズにいき、質の良い血液が体全身をめぐり、メンタル面もアクティブに働きます

 便秘が解消されることで糖尿病予防に大きく繋がり、糖尿病の方には便秘が多く、便が溜まっていると、毒素が体を周り、血糖値のコントロールも難しくなってしまします

 更に糖尿病の方が飲む薬の効き目も弱くなり、ただでさえ安定しない血糖値が、更に悪くなりインスリンの分泌、効き目ともに弱まり、血糖値コントロールがうまくいかなくなってしまいます

 1口30回噛む習慣をつけるだけで多くの病気の入口である糖尿病予防、改善に繋がります

①-3 オーラルフレイルの予防改善に

 オーラルフレイルはあまり聞きなれない言葉になりますが、実はこの症状増えてきており、年齢を重ねていくにつれその症状が表れます

 オーラルフレイルは活舌が悪くなったり硬い物が食べにくくなったり、飲み込むのに以前より力が入ったりと年齢のせいにされがちですが、嚙む力が弱っている証拠でもあります

 

 年齢のせいや、ちょっとしたことと多い放置されがちになりますが、食事が楽しめなくなったり、食欲が減少、栄養不足などどんどん体に悪影響に及ぼされます

 タンパク質やビタミン・ミネラル不足に拍車がかかり、筋肉の減少、身体機能の低下、転倒しやすくもなり、認知症のリスク上がり、認知症になる年齢も早くなります

 健康寿命を延ばすのに簡単な事はまずは噛むことから始まります、年齢問わず噛むことは重要になります

①-4 過食、間食防止にも繋がりダイエットに繋がる

 

 1回の食事をもうスピードで食べられる方もおられますが、噛む回数も圧倒的に減り、更には間食の回数も増え、肥満を招いてしまいます

 脳は食べ始めて20分ほどで満腹中枢が反応するので、早食いの方はこのスイッチが入る前に食べ終えてしまい、空腹感が残りさらに食べてしまいます

 噛まずに大きいままで運ばれていく食べ物は、胃や腸への消化器官に大きなストレスをかけ炎症を起こし、消化不良を起こし便秘のサイクルに入ります

 腸にストレスがかかると、血糖値が上がり続け、ドンドン脂肪へと蓄積されていきます

 噛んで食べることで、脳へ刺激がいき満腹感をしっかりと噛むことで、腹7~8分目で食事を自然と終わらせることが出来、食べる量減り

 満腹感も持続しますので、10時や15時、お風呂上りの時間にお腹が減らず、無駄な間食が減り体重増加を防ぐことが出来ます

①-5 噛むことは口の筋トレ 小顔効果に

 よく噛むと言うことは、顔の筋肉を効率良く使うことが出来、フェイスラインが整いタルミが減って引き締まっていきます

 口の周辺には30種類の筋肉があり、よく噛むことでその筋肉を効率よく刺激でき、表情筋も鍛えることが出来るので、素敵な笑顔にも

 それだけではなく、口周辺の血流が良くなり肌トーンも明るくなり、透明感も増していきます

 噛むことをしっかりと意識していき、引き締まったフェイスラインに目立たないほうれい線を作れたりと女性に非常に嬉しい効果ばかりです

①-6 メンタルに大きく影響、うつ改善に

 噛むことは骨を伝わって脳へと伝わり、その刺激で脳への血流が良くなると、うつ病などのメンタル面に関係のある、前頭前野や海馬を活性化をします

 前頭前野は思考や意欲などの、人間らしさをコントロールするのに非常に重要部位になり、怒りやすくなったり、外に出るのが億劫になったりとしてしまいます

 噛まないで食材を食べると、脳に血流がうまくいかず、脳の老化やメンタルへの影響を与えてしまいます

 しっかりと噛んで食べることで、前頭前野を刺激して活性化させていきましょう、そうすることで、活力がドンドン戻りメンタルが改善し、脳の老化防止にも効果を発揮します

①-7 虫歯、歯周病を予防していく

 唾液には「歯」を保護してくれる効果もあり、食べかすや細菌を洗い流す効果歯の表面のエナメル質が溶けた際にもとに戻す作用

 このエナメル質を元に戻す効果が、虫歯の初期症状を防ぐことが出来るのです

 そして唾液の力により、口内を中性に保つことができ虫歯を予防できます、口内が酸性になると、虫歯のリスクが上がるので、小さなお子さんと一緒に噛んで食べましょう

2・噛むことにリズムを加えてパワーアップ

 噛むことの大切さをパワーアップさせるのが、リズムになり、一定のリズムで噛むだけでさらに脳に刺激、自律神経を整えることにも効果を発揮、血流をなお一層良くすることが出来ます

 リズム良く噛むことで緊張がほぐれ、ストレス解消に繋がり、食事での幸福感が高まるので是非日常の生活に取り入れていきたい所になります

 普段可能であるのでしたらガムを嚙むことでリラックス効果にも繋がります、日常から噛むことを取り入れることで体に起こる、変化をあなたに

タク

 一定のリズムで左右均等に噛むことで、いろいろな病気を改善していきましょう

②-1 高血圧や脳卒中のリスク減に

 高血圧は今では日本人の3人に1人いると言われ、生活習慣の乱れ、運動不足、喫煙、飲酒、糖質過多と原因はさまざまになります

 怖いのは高血圧が悪化し血管が固くなり、動脈硬化を招いてしまい血液の質が低下、脳卒中に心筋梗塞など、血管系の病気のリスクを招いてしまいます

 塩分や糖質過多の食生活を見直していく他にも、噛むことで自律神経を整え、血圧のコントロールにも繋がります

 唾液に含まれるラクトフェリンに、抗酸化作用があり、血管の炎症を防ぎ抑える働きをしてくれるのです

 食事の改善とリズム良く噛んでいくことで、病気の予防をしっかりと行う事が出来ます

②-2 目の疲れにも噛むパワーを

 噛むことで顔の筋肉を鍛えることも出来ることは解説させていただきましたが、実は目の機能改善等にも効果があるので

 パソコンやスマホの扱いにより、以前よりも目を使い、あまり視点が動かないために筋肉が凝固し疲れがたまったり、かすみや、肩こり、ドライアイなどに陥ります

 パソコンの作業中やスマホ操作中は、意識をしなければ全く顔の筋肉を使わず目の疲れがドンドン溜まります

 仕事中にガムを噛んだりすると集中力と顔の筋肉をほぐすことが出来、目の疲れを軽減に繋がります

 ランチタイムや間食をする際もしっかりと噛んで、顔の筋肉をほぐしていきましょう、後はパソコン作業中にも口を動かして筋肉の硬直を防ぎましょう

②-3 代謝がアップ、エネルギー消費にも

 噛むこととリズムの両方を意識していき自律神経のバランスが整うと、同時に血流が良くなり、代謝が上がり自然と綺麗に瘦せる体作りができ

 代謝が良くなることで、全身の細胞が常に元気な状態になりフレッシュに動き、老廃物や毒素の除去をスムーズに行ってくれるのです

 リズム良く噛むことを常に意識することで、全身の健康状態が良くなり、皮膚や髪、爪などのターンオーバーにも良い影響を与えて、体の中から綺麗になるのです

まとめ:噛むことで自然と痩せる メンタルも改善しハッピーな食事タイムを

  

 本日は食べる際に非常に重要な噛むことについてピックアップしていきました、噛むことによって、ダイエットやメンタル改善効果を高めてくれるのです

 今早食いしていることを自覚されてある方はまず、始めの1口から30回噛んで食べて習慣をつけていきましょう

 噛むことを意識するだけですので、お金もかからずに出来ますので、お財布にも優しく済みます、その浮いた分で自分へのご褒美を

 パンやデザートを食べる際にも噛むことの意識を忘れずにしていき、食べる時は罪悪感なく美味しさをかみしめて食べましょう

 今日からしっかりと噛んで食べる事を忘れずに食事を楽しみましょう、噛んで食べるだけで理想の体や、うつの寛解スピードを早めてくれます

 

↓自律神経の大切さと腸活はこちらから↓

【実はメンタルが原因】あなたが痩せないのは自律神経が原因かも 現在急増中の自律神経の乱れを正そう うつの前兆 PART1【自律神経を整える】まずは自律神経を知ろう、自律神経を知って早めの対応を、生活リズムを整えることで自律神経は簡単に整う 現代では自律神経が乱れやすい生活になっており、夜更かしに乱れた食生活にストレスと原因多数、まずは生活を見直しから始めて毎日快適な1日を過ごしていきましょう...

【腸から美しく】高い化粧品はもういらない 腸活・美腸を取り入れて食痩 食心改善 メンタルも腸から改善 0腸から美しく、第二の脳をケアすることで病気知らずで美しさを保つ、食べ物で出来る簡単腸活、普段の食べ物を意識することで、体に悪い方にもいい方にも働き、現代の食生活は意識しないと悪い方に働いてしまう、しっかりと食べ物を意識してあなたのからだを心身共に美しくなろう...

間食で噛む力を身に付けよう

噛むことの大切さをあなたへ

このブログでは食痩・食心改善に関する質問を募集しています

友だち追加

https://kogatakuya0125.com/wp-content/uploads/2022/10/F83D4A03-1212-4708-81FA-FB9278DE12C2-1024×538.png

ABOUT ME
kogatakuya0125
多くの方々のダイエット・痩せない悩み・健康・メンタル改善のサポートをさせていただいています 私が行っているのは、食事の改善を主にしており、運動は当人にお任せ、人は食べたもので出来ていますが、現在は食べ物にあふれており食事管理が難しくなっています 日々少しずつ改善してするお手伝いをさせていただけると光栄です、一緒に頑張っていきましょう
RELATED POST
ダイエット・メンタル改善の基礎
ダイエット・メンタル改善の基礎