ダイエット

【尿酸値とダイエット】尿酸値を下げれば自然に痩せれる まずは水を飲むことから 生活習慣を変えて 減塩に血圧低下 2

タク

 こんにちは、食痩・食心改善アドバイザー卓也です

 このページでは【尿酸値の改善】について、詳しくわかりやすく丁寧に解説、今日からすぐ出来る食生活をあなたに

 前回は尿酸値の事、痛風の事をピックアップしていきました、まずはそちらをご覧ください

【地獄の痛み尿路結石】尿酸値が高いと言われる前に 女性も急増中の痛風 改善でダイエットにも PART1【人が経験する最大の激痛になる前に】本日は尿酸値についてピックアップ、今では年齢性別関係なく、痛風、高尿酸血症などになってしまい、このことが悪化してしまい、腎不全に尿路結石など重症化してしまいます 最初は自覚のない方もおられますが、足からの痛み等でのちに怖ろしいことに、早めの対策があなたを救います...

 今では年齢性別関係なく、不規則な生活やプリン体の多い食事に飲み物などを摂るなどの生活を行っていると、ふとした瞬間に足の指の付け根などが痛くなります

 これが痛風のなのですが、この痛みに我慢しながら生活を行い症状が悪化してしまうと、糖尿病、腎不全に超激痛の尿路結石に陥ります

 そうならないために、健康診断等で尿酸値が高くなった時の対策が重要になり、早めの対策を摂ることで、生活を少し見直すだけで済みます

 尿酸値が高い方は、肥満の方が多い傾向にあり、尿酸値を下げることで自然と体重の方も下がり、健康と美しい体系も手に入れることが出来ます

 本日は尿酸値を下げる生活習慣を取り上げていきます、少しずつ今の生活に取り入れて改善をしていきましょう

タク

 怖ろしい尿路結石になる前に対策を、いきなり大きく生活を変えず、少しずつ生活習慣を変えていきましょう

今回の記事でわかること

・尿酸値の高さと水の関係

・多く食べる食材、減らすべき食材

・体をアルカリ性に持っていく食材

 という内容で書き進めていこうと思います

 今日から少しずつ改善、対策をしていくことで、一年中元気な心身を保って健康な日々を過ごしていきましょう

結論:水をしっかりと飲んでいき、体をアルカリ性に持っていく食材を摂っていく

 まずは今の食生活を見直していきましょう、糖質メインの食事や砂糖の多い飲み物、食べ物、レバー大好きやビール大好きなど、1週間食べた物をメモすると改善点が明確になります

 コンビニ弁当や外食でのメニュー選びでも尿酸値の数値に大きく差が出てきます

 運動不足も原因の一つに上げられ、最近ではデスクワークで全く運動せずに1日過ごしてしまいうことも良くはありません

 今は何の症状がないからと安心せずに今後の予防のためにも早めの生活改善で、尿酸値だけではなく多くの数値や病気のリスクを下げていきましょう

1・尿酸値を下げる生活習慣をすると自然に痩せる

 尿酸値が高いままの恐ろしさを分かっていただいたと思います、私も他人ごとではありませんので、一緒に対策をしていきましょう

 尿酸値が高いのと、体系、メタボはとても関連性が高く、尿酸値を下げると痩せる、痩せていると、尿酸値は低い傾向に

 プリン体はダメだからっと、いきなり全てを控えてしまうと、ほとんどの方は失敗するので、今の生活を徐々に変えることが大切になります

 置換え等も出来るので、空腹を感じることなく対策が可能になり、気が付いていたら痩せていた、尿酸値が正常になっていたっと報告もありますので、後は実践です

タク

 人が味わう超激痛1位の尿路結石か程よいダイエット、病気の予防改善どちらがいいのかは一目瞭然かと

① まずは簡単⁉水をたっぷりと摂り、排出を促していく

 尿酸値が高い人の多くに見られるのが、水分の摂取が足りない傾向があり、アルコールやジュースを水分と思ってある方がいらっしゃいます

 水分が足りないと体の中の尿酸の排出が出来ずに溜まっていく一方になり、ドンドンたまり、重症化すると、尿が酸化し、結石ができやすくなります

 そこで水を飲んでいきましょう、一般的に1日の尿の排出は1.0~1.2ℓと言われ腎臓病や心臓病がない方の場合は、1日に水を1.5~2.0ℓ飲んでいきましょう

 夏などはもう少し水をプラスしましょう、尿酸は汗からは出ずに尿からの排出のみになるので、熱中症の対策も踏まえて水の摂取が必要になります

 アルコールを飲まれる方は、更なる水の補給が必要になり、アルコールと1:1の割合が必要で、アルコールだけ飲むと、体の水分がドンドン失われます

 水を飲むことプラス、尿をアルカリ性に持っていくために、海藻類、緑黄色野菜、豆類を積極的に食べていくようにし、プリン体の摂取も同時に減らしていきましょう

↓水の大切さはこちらから↓

【水で心身美しく】飲み物を水に変えるだけ あなたの心身の不調は飲み物だった 財布にも優しい 簡単水飲み生活 0本日は素敵な飲み物「水」の食瘦・食心改善効果、水をしっかりと体内に取り入れることで、素敵なことが体で起こります、日々の体、メンタルの原因も実は飲み物が原因かもしれませんよ、今日からできる簡単でお得な水を飲む理由、病気のリスク軽減・肥満予防にも効果があるので、今日からぜひ、素敵な水ライフを...

①-1 水を飲む習慣をつけていく

 今ではどこでも水が手に入り、水道をひねるだけでもお水が飲めます、普段から水を飲める環境は十分整っており、飲み物を水にしていくことで経済的にも優しくなります

 尿酸値は体内の水分量が不足してしまうと上がる傾向にあるので、水をしっかりと摂っていくことが重要に、今コーヒーやジュース、エナドリを飲む習慣がある方は水に変えていきましょう

 1日飲む量はコップにすると4~5杯ほどになり、家から500mlの水筒などに入れて、飲む習慣をつけていきましょう

 まずは朝起きて、お昼前、お風呂入る前に寝る前とこれだけでコップ4杯になり、ほぼほぼ1日の水分量が取れるので、自分の好きな時間に水を飲む習慣つくりから始めましょう

①-2 清涼飲料水は水分ではない

 ついつい喉が渇きコンビニ等に行くと、様々な飲み物の誘惑があり、お水コーナーの上下左右に多くの清涼飲料水があり、手に取りがちになります

 コンビニ・スーパーで普段飲むのベストなのは、水にお湯、麦茶、ルイボスティーなどのカフェインが少なく、ノンカロリーで無添加のものが好まれます

 ついつい、フルーツジュース、砂糖入り、果糖ぶどう糖液糖、人工甘味料を含む飲みものは控えましょう、返って尿酸値の上昇につながります

 スポーツドリンクなども体には悪い飲み物になっていますので、水の代わりいいだろうとは思わずにしっかりと「水」を体にとりいれていきましょう

② お腹周り、内臓脂肪を下げるだけで効果抜群

 体の水分量と同様に内臓脂肪が多い方も、尿酸値が高い傾向にあり、尿酸値だけが高いわけではなく、悪玉コレステロール値や血糖値も高い傾向にあります

 肥満の数値が高くなれば高くなるほど、尿酸値が高くなり悪化のスピードも速くなる傾向に、いきなり肥満を解消することはできませんので時間をかけて解消していきましょう

 現在肥満体系で気にされてある方は、これ以上肥満を悪化させないことが重要になり、生活リズムを正していくことで、すぐに効果が出て、するすると体系にも変化が訪れます

 そして最近増えている、隠れ肥満の方も非常に注意が必要、痩せているのに尿酸値が高く体脂肪率も見た目以上に多い方も、体脂肪と一緒に解消を

 

②-1 ゆっくりとよく噛んで味わって食べる

 肥満の方を多くが早食い、噛まない、柔らかいものばかり食べてしまう傾向があり、目の前の定食を5~10分ほどで食べてしまう方がおられます

 食べる量関係なく、この食事法になると、満腹感も感じにくく、胃にいきなり食事が送り込まれてしまうので、臓器達もビックリとしてしまいます

 早食いをすることで、血糖値の急上昇にも繋がってしまい、無駄なインスリンが分泌、食べた以上に太りやすい体を作ってしまいます

 食事をする際にはまず1口30回以上噛むことを心がけましょう、これだけで食道、胃、腸に負担をかけずに満腹感に幸福感を感じやすくなり楽しい食事タイムに

 しかし、いきなり1口30回噛んで食べることは難しいので、最初の1口だけ30回噛むや、まずは20回を心がけるなど、徐々に習慣を変えていくようにしていきましょう

②-2 〇〇しながら食べないようにする

 今ではほとんどの方がスマホを持っており、食事中に見ながら、触りながらの食事は無意識のうちに行ってしまいます

 このながら食いですが、目で食材をしっかり見ずに意識が散漫になり満腹感を感じにくく、更には噛まないに繋がるので、意識は食事に集中しましょう

 人はマルチタスクには対応できませんので、まずは目の前の食事にしっかりと集中していきましょう

②-3 温かい汁もの、野菜から食べていく

 食事の順番でも肥満を防止することが出来、定食を頼んだ際には、まず温かい汁ものを飲んで体の中、臓器から温めていき、次に野菜を食べましょう

 野菜を食べることで、食事の吸収時間を遅らせることが出来、血糖値の急上昇を防ぎ肥満防止に繋がるのです

 汁物→野菜→タンパク質を食べ、お腹がいっぱいにならなかった際に、ご飯を食べるように心がけることで肥満防止に繋がり

 ラーメンやうどん屋さんに行かれる際には、サラダを頼んで、汁を一口含んだ後に野菜を食べ、更に麺の量を減らして食事をするだけでも肥満が防止できます

②-4 お腹いっぱいに食べない

 人間ついついおなか一杯食べてしまいがちになりますが、おなか一杯に食べてしまうと、胃と腸に大きな負担をかけ、消化がうまく行われなくなります

 消化がうまくいかない状態が続いてしまうと、無駄に栄養が吸収されてしまい、お腹貯金がドンドン貯まり肥満、尿酸値が高くなる傾向に

 お腹一杯よりも若干満たされないくらいの食事を行うことで、肥満を少しずつ解消でき、もし食後にお腹が減った場合は、お水やナッツ等を軽くふくんでいきましょう

【おやつで美人】1日1掴み スーパーフードナッツを毎日取り入れよう 自律神経を整えて衰え知らずの体つくりを【最高のおやつタイムを】本日はスーパーフードのナッツ類のピックアップ、普段のおやつタイムが健康や美容の第一歩に繋がりますよ、ナッツは気軽に買うことが出来るのですがその持っている効果はものすごいパワーを秘めているのですあなたにナッツのスーパーパワーを体に取り込みましょう...

③ プリン体を1日400mg以下を心がけていく

 尿酸値が高い原因にはプリン体があり、かなり深い関係が、しかし今までの食生活が習慣化している場合にプリン体を0に近づけるのは、なかなか難しものがあります

 プリン体=悪ではありません、体に一定の量は必要で、あくまで摂りすぎが悪になるので、徐々に今の食生活を変えれば、正常値に戻すことが出来ます

 ほとんどの食品にプリン体は含まれ、0にするのは仙人のような生活をしなければなりませんので、現在尿酸値が高い、肥満、対策していこうと思う方は、1日400mg以下を心がけましょう

 動物の内臓系には非常にプリン体が多く、干物にロース、バラ肉にハム等もやや多くなります

 お肉魚はタンパク質補給には最高の食材になるので、プリン体が気になる方は、プリン体が少ない部位をチョイスしていきましょう

③-1 野菜に含まれるプリン体は痛風のリスクを上げない

 プリン体含有量の表を見ていたら、ほうれん草やブロッコリー類はちょっと多いように見えますが、植物性に含まれるプリン体は痛風のリスクが上がらないことが分かっています

 シビアになりすぎて、多くの食材をはじくのもストレスがかかりすぎてしまい、また別の病気のリスクを上げてしまいますので

 上手に動物性のタンパク質と、野菜からのビタミン・ミネラルを補給し、ご飯を最後に食べることで、自然に尿酸値は下がり、肥満解消にも繋がります

③-2 やはり気になるのはお酒

 プリン体が多い物っと聞くとだいたいの方が「ビール」っと思われるのでないでしょうか

 ビールはプリン体が多く、飲みすぎて、ちょっとつまみやし食事をすると、あっという間に400mgなど超えてしまいます

 そして、痛風の方や高尿酸血症の方はアルコールは極力控えた方が良く、飲む際は自己責任に、飲まれる場合はプリン体の少ないお酒に変えるか、食事での調整が必要になります

 毎日の飲酒習慣も痛風発作のリスクを上げてしまいますので、注意が必要になり、お酒を飲む際には、水も一緒に飲むようしていくことで、体への負担を大きく減少出来ます

 お酒はカロリーが多く、飲み会でずっとアルコールだけと言われる方は少なく、脂物などついつい口にしがちになり、肥満の原因を作りがちになります

 ダブルパンチで高カロリーの物を摂取していたら、肥満の道まっしぐらになってしまいますので、飲む量と食べ物、両方に気を付ける必要が出てきてしまいます

 お酒を飲む際にはゆっくりと飲み、お酒のグラスが空になったら、同じ分の水を含みましょう、こうするだけでも飲酒量と体への負担を大きくへらすことが出来ます

 そしてやりがちな、空きっ腹でのアルコールは絶対にしないように、アルコールの吸収が普段夜も良くなるので、まずは何かを食べて飲酒をするように

 そしてお供には、大豆類である、豆腐に納豆、甘くない卵料理でタンパク質を補給しサラダや海藻キノコで、アルコールで分解されがちなビタミン・ミネラルをしっかり摂りましょう

 気を付けるのが、美味しいのでついつい食べてしまいがちな、レバーやもつ煮、プリン体が多いおつまみ、更に唐揚げに天ぷらなどもカロリー方になるので注意が必要になります

 手羽先や、カツオのたたき、明太子にたらこ、アサリバター等もプリン体が少しおおいので注意が必要になります

 飲み会などでは、あらかじめ周りに尿酸値や肥満対策の事を話しておくと、周りの方々にも理解が得られるばかりか、教えてくださいなど頼まれることも多くなってきます

 それでも無理に進めてくる人は、訴えるか、その人が自分の人生を守ってくれるかを考えてみましょう、まず病気になっても面倒は見てくれませんよ

 飲み会の場をしっかりと楽しんで、楽しい飲み会や、宅のみを心がけるようにしていきましょう

④ 塩分にも目を向けていく

 日本人は塩分を摂りすぎており、多くの人が自覚がなく、高血圧などになって減塩対策をしますが、対策方法を知らない方が多く、薬での対応をされてあるのが現状です

 痛風と高尿酸血症と塩分との関係性は未だ研究中ですが、これらの病気を患ってある方々は血圧が高い、高血圧の傾向があり、肥満への影響もあります

 痛風、肥満、高血圧状態が続いていると、血管に大きな影響を与え続けてしまい動脈硬化が進行、そして放置をしていると、脳出血に脳梗塞、狭心症なども併用してしまいます

 プリン体だけを意識していても、塩気の多い物を食べていると、病気のリスクが上がり尿路結石は防げても、血管系の病気になるので、食事全般に注意が必要になります

 1日の塩分摂取量はWHOは5.0gとされますが、日本人の多くがその倍以上の塩分を毎日摂っているのが現実です

 コンビニ・スーパーで販売されてある食品の塩分値を見てみましょう、開いた口がふさがらい程の塩分量になります

 ついつい使ってしまう調味料を控えたり、お菓子やパンは控えるようにしていくようにしましょう

③-1 減塩と一緒にカリウムを補充

 減塩、減塩といってもいきなり減塩もまたストレスになってしまい、食欲が暴走してしまいます

 

 まずは今の食事の塩辛さをなくしていき、薄味に徐々に切り替えていくことを心がけていきましょう、薄味にすることで、食事に敏感になり食事が美味しさが倍増します

 

 塩分を摂りすぎていると思う方は体内の塩分を排出してくれるカリウムを摂ると効果を発揮、リンゴやバナナを朝から食べていく、緑黄色野菜や大豆類、海藻もぜひ食卓に

 カリウムは水に溶けだしやすいので調理法に注意が必要になり、そのまま食べたり、汁ごと食べれる味噌汁や、温かる際には電子レンジ等も用いていきましょう

まとめ:食事を改善するだけで尿酸値が下がり、肥満解消、血圧も正常化

 今回は尿酸値を抑える食生活をピックアップしていきました、尿酸値を下げる生活をしていると、自然に痩せていき、他の病気のリスク等も下げれます

 尿酸値と聞くとプリン体とアルコールにばかりに目が行きますが、原因がそれだけではありません

 尿酸値が今は全然大丈夫と言われる方でも、肥満や血圧が気になる方も注意が必要、病気を併発することもあるので、一緒に対策を行いましょう

 アルコールを飲み続けたい気持ちは分かりますが、超激痛の尿路結石になってしまうのと、今の生活を少しづつ改善していくのはどちらがいいのかは一目瞭然

 何から改善をしていいのかが分からない方は、まず今日食べた物を1~2週間ほどメモを取り、見直し、これはプリン体が多いなっと目でしっかりと把握

 早めの改善対策が明日のあなたを救うので、まずはしっかりとした食生活を意識し、激痛を知る必要はないので、一緒に対策していきましょう

尿酸値を下げるアイテムを食卓に

まずは毎日の水から対策を

人気急上昇中に新鮮野菜の宅配を

気になる方はサプリを

尿酸値を知る、下げる知識を

このブログでは食痩・食心改善に関する質問を募集しています

友だち追加

https://kogatakuya0125.com/wp-content/uploads/2022/10/52E0D00B-BFC8-48E6-B486-068B3A35DEFD-1024×538.png

ABOUT ME
kogatakuya0125
多くの方々のダイエット・痩せない悩み・健康・メンタル改善のサポートをさせていただいています 私が行っているのは、食事の改善を主にしており、運動は当人にお任せ、人は食べたもので出来ていますが、現在は食べ物にあふれており食事管理が難しくなっています 日々少しずつ改善してするお手伝いをさせていただけると光栄です、一緒に頑張っていきましょう
RELATED POST
ダイエット・メンタル改善の基礎
ダイエット・メンタル改善の基礎