ダイエット

【地獄の痛み尿路結石】尿酸値が高いと言われる前に 女性も急増中の痛風 改善でダイエットにも PART1

タク

 こんにちは、食痩・食心改善アドバイザー卓也です

 このページでは【尿酸値】について、詳しくわかりやすく丁寧に解説、今日からすぐ出来る食生活をあなたに

 健康診断に行った際に、結果で尿酸値が高いっと言われたきっかけで、生活改善をおこなう方も少なくはありません

 尿酸値を普段から上げないことが重要ですが、尿酸値を上げない、下げることは生活習慣で変えることはできますが、そのままにしておくと恐ろしいことになってしまいます

 以前は贅沢病と言われた糖尿病の入口、高尿酸血症、今で男性の5人に1人がかかっていると言われ、女性の数も増えてきています

 高尿酸血症が続くと、風が吹くだけで痛みが生じる「痛風」の陥り、そこから多くの病気のリスクが跳ね上がります

 尿酸値が数値を低いまま維持出来ていると自然と体系などは、スッキリとしています、尿酸値が高いと体系の方にも影響してきます

 まずは尿酸値の事を知り、悪化をするとどうなるかを学んでいきましょう、知ることで今の食生活を少しでも改善できるお手伝いが出来ればと思います

タク

 多くの方が病気になって対策をし手遅れ、元に戻らないことも、病気になる前に普段の生活から対策をしていきましょう

今回の記事でわかること

・尿酸値とは何なのか?

・悪化をするとどうなるか?

・人が体験する最高の痛み尿路結石の怖さ

 という内容で書き進め行こうと思います

 今日から少しずつ改善して一年中元気な心身を保って健康な日々を過ごしていきましょう

結論:まずは敵を知ること 放置すると恐ろしいことに

 尿酸値が高くても特に何の症状も出ず、日常生活には何の影響もなく生活が出来、健康診断で尿酸値が高いと言われても

 何の症状もないので、その食生活を改善せずにそのままの状況を続けてしまい、痛風発作で薬物治療の必要性がでてしまい

 そして肥満、糖尿病、高血圧から、更に重症化してしまい取り返しのつかないことになってしまいます

 今何の症状がなくとも、食生活を見直してみましょう、今日からできる生活改善を起こなっていきましょう

タク

 痛風や糖尿病になると、今まで好きだった物に制限がかかったり、食べれなかったりします、そうなる前に程よく対策改善を一緒にしていきましょう

1・そもそも尿酸値 痛風とは、尿酸値が高いとなぜいけないのか

 普段の会話などで、近所の方や会社の上司が痛風になってっと聞くこともしばしば、昨日まで何気なく生活していたのに、急にいつもの生活に支障が出るほどの痛みに襲われます

 ある日突然愛の痛みに襲われてしまい、更に真っ赤に腫れあがってしまいます、この症状が痛風(痛風発作)になります

 人の血液中には尿酸が溶けだしており、一定の濃度を超えると高尿酸血症になり、そのままにしておくと関節付近に、尿酸が溜まり固まって痛みが生じます

 尿酸値が高くても痛風の症状が出ない方もおられれるので、尿酸値が高いと言われた方も気は抜けません

① 痛風にも段階がある

 痛風にも段階があり、痛風になったから尿酸値が高いのでなく、尿酸値が高い状態を継続していると痛風になるので、まずはどのような過程があるか見ていきましょう

①-1 無症候性高尿酸血症期

 尿酸値が高いっと言われ放置しているのですが、この時には何の自覚症状もなく、生活習慣を改善するだけで、すぐにでも見直しが出来る時期

 最近お腹が出てきた、メタボ気味かなっと思った際に併発しますので、改善することでどちらの対策にも繋がります

  

 痛みがないからと油断は禁物になり、いつ悪化してもおかしくない体の状態ですので、痛みを知らずに改善対策するチャンスでもあります

 健康診断での尿酸値が7.0mg/dlよりも上だと、指摘をされるケースがありますが、7.0までいっていないけど6.5などの時には何も言われない時があります

 更に、ここ一年仕事が忙しいだったり、ここ一年で数値が上がった方なども、注意が必要になりますので、異常がなくても数値を把握しましょう

①-2 痛風発作期

 

 高尿酸血症が続いていると、ふとした瞬間に足の指の付け根に激痛が走ります、これが俗にいう痛風で早くて数日、長くて数週間続いてしまいます

 その痛みにびっくりとする方も多く、二度と経験したくないために生活改善する方も多くいらっしゃいますが、この痛みが治まったからといって安心して普段の生活に戻る方

 痛みが引いたからと言って油断は大敵になり、2~3回と激痛や発作に襲われ、痛みの期間が長くなったり、痛みのない期間が短くなったりとじわじわと悪化していきます

①-3 慢性結筋性痛風期

 痛みが進行し症状が慢性化、足にこぶが出来てしまい、骨にひびが破壊につながることもあります

 この時期になってしまうと、体の方にも肥満などが見てわかり、体内でも慢性腎臓病や動脈硬化の合併症やさらに重症な病気の引き金にもなります

 最初の痛風の症状が出て数年~数十年放置をしていると、慢性化し結節が出てきて来てしまうのですが、人によっては症状が出ない方も

 尿酸の結晶は白く表面に見えることもあり、触るとごつごつし骨を圧迫していきます、ここまでくると、痛みはものすごいことになり、深刻化すると命への危険性も高まってしまいます

② そもそも尿酸っていったい?

 尿酸値というフレーズは多くの方が知っていますが、尿酸の説明を詳しく出来る方は、あまり多くはなく対策が遅れることがあります

 尿酸は人の細胞の一種で、健康な方であれば一定の数値に保たれ何の異常ももたらしませんが、一定量を超えてしまうと症状が出てきてしまいます

 尿酸はプリン体から作られ、プリン体は細胞の中にある核酸(新しい細胞が産まれる時に必要な物質)の一部で

 体を動かす時、脳のエネルギーになるATP(アデノシン三リン酸)もこの一種、レバーやビールなど多くの食品に含まれます

 

 摂取されたプリン体は血液にのって肝臓内に集められて、分解され尿酸へ、この尿酸は80%腎臓でろ過、そして、尿に溶け体外へ、残りの20%が便や汗で体外に排出されます

③ 一定に保たれる尿酸値に異変

 体内には一定量の尿酸の量が保たれており、体内で核酸やATPに含まれるプリン体からの尿酸は1日に500~600mlほど、その他は食べ物から尿酸が生成されます

 尿酸が増えると排出し、減ってくると反対に溜め始めるのですが、このバランスが崩れてしまうと高尿酸血症に陥ってしまうのです

 高尿酸血症には3タイプあり、実際にその症状にならないと、どのタイプかが分かりません、しかし、原因は生活習慣にあるので、検査等をした後に習慣を見直していきましょう

 上記のイラストの3タイプがあり一番多いのが、排泄低下型で約60%、そして混合型、になり、どちらにも共通するのが、排泄量の低下があります

 尿酸値が高くなってしまうのには、体質もあり、肝臓で尿酸を運ぶ分子の働きが悪く排泄がうまくいかない方もおられます

 しかし多くの方は、食べすぎの肥満、肥満ではなくともアルコールやプリン体の過剰摂取、などの生活習慣の積み重ねから来てしまいストレスも影響を与えます

③-1 なぜ尿酸排出量が減ってしまうのか

 排出が低下する原因には腎障害があり、尿酸のろ過する性能落ちている、働いていないと尿酸値のバランスがうまくいかなくなってしまいます

 この状態で食べすぎ飲む過ぎ、プリン体の過剰な取り込みが起きてしまいさらに排出が間に合わなくなり、尿酸がドンドン蓄積されてしまうのです

 ビールだけに限らず、アルコール類の摂りすぎも尿酸の生成を高めますので、アルコールの飲み過ぎにも注意が必要となります

④ 年齢性別は関係なく誰にでも起こる

 以前は痛風と聞くとおじさんの病気っとイメージがありますが、現代では食生活や不規則な生活の積み重ねで、誰にでも起こりえる症状になります

 食生活や運動不足から来てしまう肥満、偏った食事に多大なストレスなどの原因が多数あり、20代30代の若い男性、そして女性にも関係性がある症状に

 そして内臓脂肪の増加とともに、尿酸値も高くなる傾向にあり、ここ数年で大きく体重の変化があった方は注意が必要になります

↓内臓脂肪の事はこちらから↓

【お腹に貯金をするな】内臓脂肪の事についてしっかり学ぶと 肥満やメンタル改善に スッキリとした体つくりを0【敵をしる】本日は体に付いている内臓脂肪の事についてしっかりと把握しましょう、内臓脂肪をそのままにしていると命に係わる病気の引き金になり、取り返しのつかないことになりますよ まずは内臓脂肪の事について知り、その対策を今日からとるようにしていきましょう、早めの対策がカギになります...

⑤ 痛風よりも怖い尿路結石、腎不全

 生活習慣の改善が長らく見られないと、良くなることはなく悪化をしていく一方になり、尿酸の結晶が関節等だけではなく、腎臓に沈着してしまいます

 そのことから、動脈硬化に繋がり、腎臓の機能低下、慢性腎臓病、そして取りかえしのつかない腎不全になる恐れがあります

 更に痛風・高尿酸血症の人は尿が酸性になってしまうことが多く、痛みの王様尿路結石になり、この痛みを体験したくないために生活を見直す方がほとんどになります

 今痛みがないからと言って、油断しているともう超激痛があなたを襲うことがあるので、この痛みを味わう前に、生活を変えていきましょう

タク

 重症になる前に対策しましょう、激痛をわざわざ体験する必要性はありません

まとめ:まずは敵を知る、不規則な生活の代償は超激痛が

 本日は今女性でも増えている尿酸値、痛風の事をピックアップしていきました

 不規則な生活に、プリン体の多い食事を続けていると、ふとした瞬間にあなたを激痛が襲います

 尿酸の貯めすぎにでまず起こるのが痛風、そこから人類最凶の痛みの尿路結石になってしまい、さらに取り返しのつかないことになることも

 次回は尿酸値を抑える生活習慣と改善、対策をアップしていきますので、ぜひ一緒に対策も行いましょう

尿酸値の事を知る対策する

尿酸値の事を自分でもしっかりと把握しましょう

サプリの力で尿酸値を下げる

このブログでは食痩・食心改善に関する質問を募集しています

友だち追加

https://kogatakuya0125.com/wp-content/uploads/2022/10/CB35BA43-BC28-4F6F-9248-66FD3EA76580-1024×538.png

ABOUT ME
kogatakuya0125
多くの方々のダイエット・痩せない悩み・健康・メンタル改善のサポートをさせていただいています 私が行っているのは、食事の改善を主にしており、運動は当人にお任せ、人は食べたもので出来ていますが、現在は食べ物にあふれており食事管理が難しくなっています 日々少しずつ改善してするお手伝いをさせていただけると光栄です、一緒に頑張っていきましょう
RELATED POST
ダイエット・メンタル改善の基礎
ダイエット・メンタル改善の基礎