ダイエット

【自律神経とダイエットの関り】心と腸の繋がり メンタルを改善すると自然と美しく痩せる 自立神経を食事で改善 PART2

タク

 こんにちは、食痩・食心改善アドバイザー卓也です

 このページでは、【自律神経】について、詳しくわかりやすく、丁寧に解説、今日からできる自律神経を整える食生活をあなたに

 年齢を重ねたからか疲れがとれない、やる気が中々起きない、そう感じてある方、自律神経が乱れ始めていることが原因かもしれません

 最近ではスマホのやパソコンの普及により、脳が休まる時間が減り自律神経が乱れやすくなっており、そこのストレスが重くのしかかり体調を崩してしまいます

 自律神経は自分の意思とは関係なく動く心臓などの臓器、血液の流れなどをつかさどる神経になり、乱れているとダイエットの効果にも影響し痩せにくい体になってしまします

 まずは自律神経を知ることから始めて、ゆっくりと対処をしていくことで、以前以上の健やかな一日を過ごしていくことが出来、スッキリと理想の体型になることが出来ます

↓PART1はこちらから↓

【実はメンタルが原因】あなたが痩せないのは自律神経が原因かも 現在急増中の自律神経の乱れを正そう うつの前兆 PART1【自律神経を整える】まずは自律神経を知ろう、自律神経を知って早めの対応を、生活リズムを整えることで自律神経は簡単に整う 現代では自律神経が乱れやすい生活になっており、夜更かしに乱れた食生活にストレスと原因多数、まずは生活を見直しから始めて毎日快適な1日を過ごしていきましょう...

今回の記事でわかること

・腸とメンタル、自律神経の関り

・自律神経のバランスが良いと痩せる

・おやつタイムで自律神経を整える

 という内容で書き進めていこうと思います

 普段の食生活からしっかり見直し、心も体も整えていきましょう

タク

 メンタルも改善出来て尚且つダイエットにも効果的、今日から実践して心身共に美しく

結論:心と腸は繋がっている 幸せは腸から始まる

 今では人体にとって腸は非常に重要な臓器になっており、メンタルや健康も腸から始まるとも言われており、「第2の脳」と呼ばれ、腸を雑にするとすぐに体調を崩します

 プレゼン日に緊張してお腹を崩したり、イライラが続いて便秘になる方など、腸と心の関係性を密接に表しています

 そして腸には血液を作りだす源でもありますので、悪い血液が体内を循環してしまうと自然と体全体が悪い方に働きます

 腸をいたわる食生活を、日々行っているとストレスを軽く受け流すこともできイライラや不調しらずの体を作ることが出来るのです

1・自律神経を食生活で整える

 自律神経は腸で決まると言っても過言ではなく、繊細な腸内には無数の細菌がいて、大まかに3種類に分けられ

 一番理想の腸内環境は善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌が残りの7割になり、日和見菌は善玉にも悪玉にもどちらにも変化できる菌なのです

 食生活が悪かったり、ストレス過多になってしまうと日和見菌が悪玉になり、腸内環境がどんどん荒れていきます

 反対に善玉菌が多くなると、血液はサラサラになり自然と自律神経も整います

 腸内でもう一つ重要なことがあり幸せホルモンのセロトニンの生成になります、うつ病になる方はこのセロトニンの分泌が少なかったり、全くなかったりしてしまいます

 腸内で90%以上のセロトニンが生成され日常もアクティブに動くことが出来、夜には睡眠ホルモン「メラトニン」に変化しぐっすり睡眠に繋がるのです

 腸内を整え自律神経を整える食事法を見ていきましょう

① 健康チェックは簡単に出来る

 病院に行かないと腸内チェックは出来ないと思われる方がおられますが、実は簡単に腸内環境を確認することが出来ます

 自分の腸内の状態を知るには、排便のチェックをするととても分かりやすく、便が綺麗な状態だと毎日の快適さに比例した生活リズムを送ることが出来ます

 腸が健康であれば腸のぜん動運動が活発になり、栄養素が腸内でしっかりと吸収され、残りカスが便として排出されます、反対に腸内環境が悪いと硬い便になり便秘がちに

 理想の便としては、重さが150~200gほど色は黄色や茶色で、黒や赤色はあまりよりしくありませんので、病院等に相談するのも良いでしょう

 勘違いが多いのは毎日排便をしなければいけないと、無理やり出そうとしてしまう方は気を付けましょう、2~3日の排便でも快適な日々が送れているのでした心配はいりません

 日頃から腸の事に気を配り、便秘気味、便が良くない方は食生活をしっかりと意識をしていきましょう

② 痩せないのは腸が原因の事が

 あんまり食べていないのに体系が変わらない方の原因に、腸の乱れや自立神経の乱れがあり効果がないためにさらにストレスが溜まりドカ食いに走ってしまう方も少なくありません

 腸内環境が悪い状態で生活をしていると、必要な栄養素が十分に吸収されずに毒がどんどん腸に蓄積されてしまいます

 毒素が溜まることで悪い血液が全身を周り、体全体に異変が起こりやすくなり、内臓脂肪としても蓄えられてしまいます

 腸を動かすのは副交感神経になり、自立神経が乱れていると交感神経が優位な状態なので、痩せないことにも関係するので、腸内環境を徐々に整えていきましょう

③ 食事のタイミングでも変わる

 腸内環境を整えるには、刺激を定期的に与えることが効果的になり、1日3食を食べるのが理想になります

 腸は食べることで刺激を動き、1日1食や2食では腸が活性化しませんが、反対にずっと食べ続けるのも、腸が疲労してしまい良くありません

 まず朝起きてコップ一杯の水を飲むことで腸にもの朝を注げることができ、夜寝ている間に失った水分も補給することが出来ます

 そして朝ご飯を食べていきましょう、朝ご飯は体全体に朝を注げることに非常に重要になり朝を抜いていくのは自律神経に良くありません

 

 朝ごはんを食べたら、そこから6時間空けてのお昼ごはんを摂ることが理想とされ、お昼ごはんからまた6時間後に夕飯っと言うサイクルが一番腸に良く自律神経を整えることが出来ます

 しかし寝る2時間前の食事には注意、寝ている間にかなりの負担が胃と腸にかかってしまうので、深い睡眠がとれず、翌朝に疲れを残してしまいます

 食べる際の注意点は早食いをしないこと、よく噛まずに早食いをしてしまうと満腹感を感じずに多く食べすぎてしまい、胃と腸に大きな負担を与えてしまいます

 エネルギーもうまく吸収されず脂肪になりやすく蓄積されてしまいます、食べる時には1口30回以上噛んで食べ、脳や消化器官に良い刺激を与えましょう

④ 食物繊維を普段から意識していく

 腸から老廃物を排出するために重要な食物繊維なのですが、現代では不足なりがちに便秘になり、毒素が常に体にたまった状態が続いてしまいます

 食物繊維は人間の消化酵素で消化されにくい栄養素になり、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類を効率よく摂る必要があります

 不溶性食物繊維は腸内の水分を吸って膨らむ特性があり、摂りすぎてしまうとお腹が張ってしまいま

 水溶性食物繊維は腸の中の水分に溶け込んで便を柔らかくし、排出しやすくなり、便秘の方などは圧倒的に摂取が少ない食物繊維です

 1日に必要な食物繊維量は約20gになり野菜では350gほどになるのですが、どちらか一方ばかりとっても腸には良くありません

 水溶性食物繊維が不足しがちになりますので、海藻類、キノコ、イモ類、など水溶性食物繊維が多い物を食事に一品プラスしていきましょう

 特に神経質になる必要はありません、野菜類をしっかりと朝昼晩で分けて摂り、加えて水分を摂取していると、自然と便の排出が出てきます

⑤ アルコールと自律神経の関係性

 ついつい仕事終わりに家で一杯飲んでしまうアルコール、この刺激が夜の副交感神経への切り替えを阻止し、交感神経を優位になり、乱れてしまい睡眠にも影響してしまいます

 そしてアルコールは体の水分を奪い飲みすぎると脱水症状になり、翌朝に喉が痛かったり二日酔いになったり、倦怠感があったりと不快に1日のスタートになります

 アルコールを飲むと血液から水分がなくなり、血液はドロドロになり、交感神経が優位なために血管が収縮、狭い血管を通っていくために流れも悪くなってしまいます

 アルコールはダメな訳でなく適量なら気分をほっこりとさせ、副交感神経を活性化する働きもあるのです

 そして飲む際には、一緒に水を飲むことを意識していくと翌日にアルコールを残さず、倦怠感や二日酔い防止にも繋がらります

 アルコールを飲んだら水をコップ一杯飲んで再びアルコールそして水っと繰り返すことで脱水症状や血管にダメージを与えず飲酒を楽しむことが出来るのです

⑥ 腸が良くなると免疫力あがる

 腸は脳との関係性もあるのですが、免疫力とも大きく関係してきます、風邪をひきやすい体調をすぐれない日が多い方は、腸が弱っている証拠、一度食生活を見直すチャンスになります

 腸内にはなんと70%の免疫細胞がいると言われ、腸内環境が免疫力に大きく左右すると言っても過言ではありません

 免疫力のアップには自律神経のバランスを保つことが重要、そのためには日々の腸をいたわる生活リズム、食生活がカギを握りし、心身共に健康になれるのです

⑦ 嫌いな食べ物は免疫力を下げる

 小さなころから好き嫌いなく食べなさいと、言われてきた方も多いと思います、私もその一人ですが、嫌いな物を無理に食べさせるのは非常に悪影響になります

 

 健康に良いとされるものでも、本人が味が苦手、美味しくないっと思うと、強いストレスを感じてしまい、自律神経に支障をきたします

 ストレスがかかった食事をすると、コルチゾールが出てしまい、本来は吸収される栄養素が吸収されず食事の本来の意味が無くなってしまいます

 ストイックになりすぎると、本人は体にいいと思っていても腸内環境が悪化し、逆効果に働いていることが多いのです

 ダイエットやうつ病の寛解のためにまずい物を食べてしまうと今よりも悪化してしまうこともあるので、たまには美味しい物を摂取していきましょう

 このことは小さいお子さんにも同様の事が言え、無理に食べさせると、ストレスを大きく感じその食事の栄養を全く吸収できずに、更にその嫌いな物を嫌いになるでしょう

⑧ 糖質を食べると体は疲れる

 ご飯、小麦粉で加工された食品、今では見ない日はないくらいどこにでも溢れており、食卓にも並びがちになり、朝、昼、夜と食べているかとも多数です

 しかし、朝昼晩と糖質を摂ってしまうと、お腹いっぱいになりますが、栄養は偏ります、そしてお腹いっぱいになることで、交感神経が優位の状態になります

 炭水化物は血糖値の激しい上昇下向を促し、肥満の原因に繋がり眠気や疲れの原因に尾繋がってしまいます

 朝食を剥いて、お昼に糖質の多いラーメンやうどんを食べると、一気に血糖値が爆上がりし、インスリンが急激に下げますので、更に上記の症状が激しく起こります

 いつもの量を半分にしたり、夜の糖質を置き換えて減らしていきましょう、そうすることで自然と痩せる体作りに繋がっていきます

【キャベツで食痩】最強の置換えダイエットにメンタル改善を 若返り不調も無くなる 1カ月でスッキリスリムお米の代わり置換えダイエットを始めよう、まずはキャベツをピックアップ、美しさを保つことができ、腸活にも最適、お米の代わりに食べることで、食物繊維にビタミンミネラルを多く体に取り入れていくことができ、ダイエットやメンタル改善に大きく力を発揮してくれます、今日からできるキャベツダイエットを...

【ブロッコリーで食痩】置換えにダイエットにも 頭皮を気にしてる人も メンタルの改善の腸活に 万能野菜ブロッコリーを0【ブロッコリーをメインに】今回は置換えブロッコリーダイエットをピックアップ、いつも食べているご飯をブロッコリーにするだけで、みるみる痩せて、美しくなります、メンタル面の改善にも力を発揮してくれ、腸活便秘の改善予防にも、今日からできるブロッコリーダイエットを始めましょう...

⑨ 動物性タンパク質が自立神経を整えてくれる

 自律神経の原料となるのはタンパク質、タンパク質は水分の次に人体に多い栄養素になっているのですが、95%の人が不足しています

 ダイエットやメンタル改善の基礎部分になり、タンパク質の摂取が大きく作用しタンパク質不足が痩せにくい体を作ってしまいます

【初心者向け】体に必要な栄養素No.1のタンパク質を知ろう⁉ ダイエット・メンタル改善に重要な食事の基礎 心身が変わるタンパク質をしっかりと摂ることで痩せれる・メンタルも改善できる、今回はタンパク質の重要性を解説、しかし95%の人が1日に必要なタンパク質が摂れてないのが現状です、その影響で痩せれず、リバウンド、メンタルが落ちる原因になります どれだけ体にタンパク質が重要なのかをしっかりと解説...

 お肉、魚、卵などに含まれるタンパク質アミノ酸が自律神経の働きを高めてくれると考えられ、毎日欠かさずに食べていきたい栄養素になります

 しかし、選ぶ部位には気を付けましょう、脂肪分の多い場所を選んでしまうと、脂質の摂り過ぎになり、脂肪に蓄積されてしまいます

 ただし動物性タンパク質ばかり食べれ場言いわけではなく、お肉や魚で摂れない、ビタミン・ミネラル・食物繊維は野菜からしっかりと摂取をしていきましょう

⑩ 味噌汁が元気の源に

 日本を代表する発酵食品「味噌」このみそのパワーは侮れません、植物性のタンパク質にビタミン、食物繊維がふんだんに含まれています

 そして、この味噌汁に野菜をたくさん入れて、更に効果を高めていきましょう、だしから摂った味噌汁だと尚自律神経を整えることに力を発揮してくれます

 味噌の力が老化を防止したり、血圧上昇を防ぎ、胃がんを抑制したりとその効果は計り知れません

 普段野菜をあまり食べない子でも、味噌汁にすると野菜を食べると言うこも多く、健康の維持や病気の予防に大きく貢献してくれるのです

 味噌汁は温かい食べ物になり、飲むと腸を刺激し血流を良くしてくれ、副交感神経の働きを良くしてくれ、心も体もホット一息つくことが出来るのです

⑪ 食後の睡魔には原因があった

 ランチ後仕事を始めると、急激な睡魔に襲われてしまい、仕事が手につかないほどになることも、しかし、これは生理現象ではなく昼食の糖質が原因です

 お昼に糖質を摂ると、血糖値が上がりその血糖値を下がるためにインスリンが分泌されます、インスリンが分泌され、血糖値が下がると脳に栄養がいかなくなり、睡魔に襲われます

 食後には血流が消化器官に集中してしまい、脳の血流も不足、頭がぼんやりとし胃腸も活発に働き副交感神経が優位になり、脳がリラックスモードに入ります

 この症状を防ぐこともでき、まずは食事を摂る前に水を飲むと、腸が食事に備えることが出来、ある程度の優位を保ち、急激な睡魔に対応できます

 そして1口30回以上噛んで腹6~8分目を目安に食べ満腹状態は辞めましょう、お腹一杯に食べてしまうと、頭がよりぼーっとしてしまいますので、ランチタイムにも注意が必要になります

⑫ 夜21時以降は何も食べないようにする

 あまり遅い時間に夜ご飯を食べてしまうと、胃と腸に大きな負担をかけてしまい次の日に影響を与えます

 食後の3時間は胃腸が活発働いており、副交感神経が優位になる時間帯、そして1日の中でも晩御飯は消化吸収が盛んになり、腸のゴールデンタイムになります

 食べてからすぐに寝てしまうと、血糖値が十分に下がらずに脂肪に蓄えられやすくなり、肥満の原因になり自律神経を乱してしまいます

 睡眠の質も下がってしまい、食べた物がそのまま残り栄養も行き渡らずとどんどん悪循環にハマってしまい、毎日行うとメンタル面が悪化

 

 また胃に食材が残ったままにしておくと、逆流性食道炎の原因になり、吐き気や不眠なども引き起こします

 21時以降の夕食はなるべく控えるようにしていき、もしその時間になった際には、プロテインなどでさっと済ませていきましょう

⑬ おやつにはナッツや高カカオチョコレートを

 お昼を食べて仕事もひと段落した15時にお腹がぐーっとなりおやつタイム、この時間に何を食べるかでも大きく自律神経に関係してきます

 この時間に砂糖が多い物や油っこいポテチなどを食べると、胃腸に負担がかかり血糖値も上昇、夕食にも影響してきます

 これらは交感神経を優位にしてしまい、お昼以降は副交感神経を優位にしていくのが理想なのですが、興奮状態になってしまうのです

 そこで、ちょっと小腹が空いた時には、ナッツや高カカオチョコレートが自律神経を整えながら、小腹を満たしてくれます

 チョコレートは太ると思われがちなのですが、適量を食べることはスーパーフードになり、カカオの効果、ビタミン、ミネラルが体に優位に働いてくれます

【間食で美しく】10以上の健康効果 小腹が空いた時に罪悪感なく おやつを メンタルも整える高カカオチョコレートをあなたに多くの方の悩みの痩せている際の間食、間違った間食が原因で暴飲暴食に走る方も多く、今までの努力が水の泡になってしまうことも、今回は美しく瘦せる、メンタルの改善も出来る間食の高カカオチョコレートの解説、今日から間食が楽しくなる、カカオの力とポリフェノールを体に取り込んでいきましょう...

 ナッツ類は食物繊維をプラスしてくれ、クルミには必須脂肪酸のオメガ3を含み、アーモンドやカシューナッツなどのミックスナッツで摂ると飽きなく食べれます

【おやつで美人】1日1掴み スーパーフードナッツを毎日取り入れよう 自律神経を整えて衰え知らずの体つくりを【最高のおやつタイムを】本日はスーパーフードのナッツ類のピックアップ、普段のおやつタイムが健康や美容の第一歩に繋がりますよ、ナッツは気軽に買うことが出来るのですがその持っている効果はものすごいパワーを秘めているのですあなたにナッツのスーパーパワーを体に取り込みましょう...

 おやつタイムでも免疫力を上げる事が出来、自律神経を整えることも可能になるので、ぜひおやつタイムも食べる物を意識していきましょう

⑭ ホットコーヒーで心も体も幸せに

 ちょっとしたときに飲んでしまうのがホットコーヒー、このコーヒーパワーもぜひ取り入れていきたい所になり、いつものブレイクタイムが健康タイムに

 コーヒーと言えばカフェイン、このカフェインが交感神経を優位にしてくれ、眠気をさましストレス解消にもピッタリの飲み物になります

 さらにその力はカフェインだけではなく、血流アップ効果のほか、大腸のぜん動運動の誘発するので便秘の解消、腸内環境の改善にも力を発揮してくれるのです

 更にコーヒーには幸せホルモンである、セロトニンの分泌も促してくれ、飲むとホットなるのはそのおかげになり、1日に2~4杯飲むと自殺のリスクも半減しているとデータもあります

 ただし注意が必要になり、あくまでブラックコーヒーの話になり、砂糖やシロップ、牛乳等を入れると体に害のある飲み物に変わってしまうので気を付けましょう

 高カカオチョコレートを溶かして飲むなどするとさらに自律神経を整えることが可能になります

【コーヒーパワーをあなたに】カフェインとポリフェノールの効果を今日から摂り入れる 毎日幸せのコーヒータイムをPART1【コーヒーと程よく付き合う】今回はコーヒーのスーパーパワーをピックPART1になります、コーヒーの良い所をしっかりと体に取り込んでいきましょう、日々の病気のリスク等を減らすことが出来、様々な病気の予防改善をおこないことが出来ます、まずは生活習慣を見直して、そこのコーヒーパワーを加えていきましょう...

【コーヒーで予防を】毎日のコーヒータイムで病気知らずの体と 美容にも コーヒーと美しく笑顔の日々をPART2【コーヒーで脳をクリアに】本日はコーヒーのスーパーパワーをあなたにお届け、普段飲んでいるコーヒーにはカフェインだけではなく、多くのポリフェノールや効果を体に及ぼしてくれます、クロロゲン酸が脳に働きかけてくれ、大きな健康効果を持たしてくれ、免疫アップなどにも力を発揮してくれます 今日からコーヒーで幸せの日々を...

まとめ:自律神経を食べ物で整える、今日から簡単元気術

 本日は自律神経を食べ物で整える方法をピックアップしていきました、いきなり全てを行うことは難しく、少しずつ今の食生活を変えていきましょう

 便の管理もしっかりと行っていき、日々に腸の健康管理を目で見て確認していき腸の状況も知っていくようにすると自律神経も腸内環境も整いやすくなります

 自律神経も乱すにも正すのも自分自身の問題になります、今回は食事での自律神経整え方になり、前回の生活術と一緒に行うとなお一層効果を発揮していきます

 ぜひ調子がすぐれない方は生活を見直して、少しずつ少しずつ良い方に自律神経を持っていき笑顔で快適な1日を多くしていきましょう

【実はメンタルが原因】あなたが痩せないのは自律神経が原因かも 現在急増中の自律神経の乱れを正そう うつの前兆 PART1【自律神経を整える】まずは自律神経を知ろう、自律神経を知って早めの対応を、生活リズムを整えることで自律神経は簡単に整う 現代では自律神経が乱れやすい生活になっており、夜更かしに乱れた食生活にストレスと原因多数、まずは生活を見直しから始めて毎日快適な1日を過ごしていきましょう...

自律神経を整える食生活とアイテムを

 水溶性食物繊維のサポートに

 砂糖の代わりに腸活のオリゴ糖

 朝のタンパク質には無添加プロテイン

 おやつにはこちらを

 食物繊維入りのコーヒーを

このブログでは食痩・食心改善に関する質問を募集しています

友だち追加

https://kogatakuya0125.com/wp-content/uploads/2022/10/B753FF77-F345-4C23-A022-9C8B0C857CC5-1024×538.png

ABOUT ME
kogatakuya0125
多くの方々のダイエット・痩せない悩み・健康・メンタル改善のサポートをさせていただいています 私が行っているのは、食事の改善を主にしており、運動は当人にお任せ、人は食べたもので出来ていますが、現在は食べ物にあふれており食事管理が難しくなっています 日々少しずつ改善してするお手伝いをさせていただけると光栄です、一緒に頑張っていきましょう
RELATED POST
プチダイエット30選
プチダイエット30選