ダイエット

【コーヒーで予防を】毎日のコーヒータイムで病気知らずの体と 美容にも コーヒーと美しく笑顔の日々をPART2

タク

 こんにちは、食痩・食心改善アドバイザー卓也です

 このページでは、【コーヒーの効果】について、詳しくわかりやすく、丁寧に解説

 先日はコーヒーのカフェインとポリフェノール、糖尿病の繋がり等を書いていきましたが本日はその続きになります

【コーヒーパワーをあなたに】カフェインとポリフェノールの効果を今日から摂り入れる 毎日幸せのコーヒータイムをPART1【コーヒーと程よく付き合う】今回はコーヒーのスーパーパワーをピックPART1になります、コーヒーの良い所をしっかりと体に取り込んでいきましょう、日々の病気のリスク等を減らすことが出来、様々な病気の予防改善をおこないことが出来ます、まずは生活習慣を見直して、そこのコーヒーパワーを加えていきましょう...

 コーヒーは今では幅広い層で飲まれ、老若男女問わずその健康パワーもどんどん立証されています

 コーヒーと一言に言っても様々な種類がありますが、今回は無糖のブラックコーヒーのことになり、砂糖やフレッシュなど入れると毒になるので気を付けましょう

 

 コーヒーの働きは今の現代で需要な働きをしてくれ、様々な病気の予防・改善にも効果を発揮してくれます

 

 毎日程よくコーヒーと付き合っていくことで、その効果があなたをどんどん健康や美しくしてくれます

タク

 コーヒーをゆっくりと飲む時間も特別なものになり、更に健康効果もあると最高の飲み物です

今回の記事でわかること

・コーヒーと骨の関係性

・コーヒーの脳への影響は

・コーヒーの健康な飲み方

 という内容で書き進めていこうと思います

 

 コーヒーの健康をしっかりと理解して素敵な成分を体に取り込んでいきましょう

結論:コーヒーは免疫力を高めてくれ、美容にも効果的

 以前はタバコのお供ぐらいの認識でしたが、今ではたくさんのコーヒーショップを見かけ、おしゃれなカフェと日本由来の喫茶店も多数あります

 今ではコーヒーのは健康を増進する飲み物とされ、アメリカでは1日3杯飲む習慣のある人は健康にいい物であると推奨されています

 しかし無理して3杯を飲むこともなく、1杯飲むことでも素晴らしいリラックス効果をもたらしてくれ、体の隅々に良い影響を及ぼしてくれます

 しかし、何にでもいえる事なのですが、飲み過ぎは危険になり用法用量を守る必要があり、コーヒーとも正しく付き合う必要が

 しっかりと健康効果を理解してコーヒーライフをゆっくと送っていきましょう

1・コーヒーで骨の強化も出来る

 コーヒーと骨は一見関係なさそうですが、実は親密な関係もあり、コーヒーに豆乳を入れたり、おやつにナッツ等を用いると、さらに効果がアップします

 カフェイン以外の成分が骨の健康を守り、年齢を重ねると起きる骨粗しょう症を予防にも繋がります

① 骨粗しょう症の原因は何なのか

 骨粗しょう症は、体を支えている骨がもろくなり、つまずいて転倒した際に、骨がぽきっと折れてしまいやすくなります

 更に年齢を重ねると、骨の修復時間もかかり、体の免疫力を弱めてしまい、様々な重病を引き寄せてしまいます

 骨はカルシウムを摂るだけでは作られず、タンパク質にカルシウム、コラーゲンにマグネシウムにビタミンD・Kなどなどたくさんの栄養素からできています

 そしてこの骨は20歳をピークに年々弱くなり、栄養を骨にひび送っていかないと弱っていってしまうのです

 本来女性は女性ホルモンの働きによって骨が壊れるのを防ぐにですが、閉経によって女性のホルモンは急激に激減し骨量が激減してしまい骨粗しょう症に陥りやすくなります

 

② コーヒーで予防は可能なのか

 カフェインは以前からカルシウムの吸収を阻害すると言われており、尿や便からカルシウムを排出してしまう働きがあると報告されていますが

 コーヒーに含まれるのはカフェインだけではなく、クロロゲン酸を始め多くのポリフェノールと1000以上に物質が含まれ、他の物質が骨に良い働きをしてくれる効果が見つかっています

 コーヒーに含まれているトリゴネリンやAFMUという成分も骨量の増加や骨粗しょう症の予防に結びついて可能性も認められています

 コーヒーをトータルでムることによって、骨にはよいと研究結果もあるので、骨が心配だから飲まないっと頑固にならず、適量とのお付き合いを

③ 牛乳を入れている影響

 コーヒーをなかなかブラックで飲めないと言われる方も多く、砂糖は体に悪いので、牛乳でマイルドにカフェオレやカフェラテと味変を行います

 最近では牛乳は骨に悪影響とレジデンスも多数あり、カゼインがカルシウムやタンパク質の吸収を阻害し飲んでも意味がないと言われるデータもあります

 今では甘々なコーヒー商品が多くあり、そういったドリンクも血糖値や骨などに悪影響を与えるので注意が必要になります

2・コーヒーで脳を病気から守る

 コーヒーのカフェインが脳に覚醒作用がありますが、実際にはそれだけではありません、パーキンソン病等の予防にも繋がり、多くの神経も刺激します

 目覚めの作用でコーヒーを飲まれている方も多いと思いますが、コーヒーが脳にいい効果はそれだけではありませんので、適量を摂り入れていきましょう

① コーヒーは脳にどう効くのか

 コーヒーが動脈硬化や糖尿病を予防することはPART1で解説しましたが、脳への関係性はまだまだ研究が足りていません

【コーヒーパワーをあなたに】カフェインとポリフェノールの効果を今日から摂り入れる 毎日幸せのコーヒータイムをPART1【コーヒーと程よく付き合う】今回はコーヒーのスーパーパワーをピックPART1になります、コーヒーの良い所をしっかりと体に取り込んでいきましょう、日々の病気のリスク等を減らすことが出来、様々な病気の予防改善をおこないことが出来ます、まずは生活習慣を見直して、そこのコーヒーパワーを加えていきましょう...

 ただパーキンソン病は以前からコーヒーをたくさん飲む人に少ないと報告されており、男性と更年期以降のそうした傾向が明確になっています

 パーキンソン病は手足の痺れや震え、歩行困難、顔から表情が消えたりと言う症状が出てしまい、神経病の一つとされます

 カフェインには神経細胞の変性を予防する働きもあり、神経への毒性も弱める働きも見られます

 カフェインにはこのように脳を保護する働きもあり、一概にカフェインが毒と言う訳ではないのです

② コーヒーと脳卒中の繋がり

 コーヒーと脳卒中との関係性もあり、コーヒーを全く飲まない人に対して、コーヒーを日々3~4杯飲まれる方は、脳卒中のリスクが16%軽減しているデータもあります

 しかし飲み過ぎても効果は変わらず、脳卒中に対しての効果は1日に3~4杯ほどが適量とされています

③ 認知症とコーヒーの関係性

 脳の関係と聞くと認知症の方も気になります、コーヒーと認知症の関係性をしっかりとあり、コーヒーを飲む量と認知症の発生リスクの関連性も分かっています

 中年期の時にコーヒーを1日3~5杯飲むことによって老年期の認知症を65%軽減するとデータもあり

 コーヒーのカフェインとクロロゲン酸のダブルが関連していることもありますが、飲み過ぎるとやはり逆効果になり、3杯以上は他の病気のリスクが若干上がってきますので、3杯ほどに収めましょう

3・コーヒーパワーでウイルスと戦う

 コーヒーに含まれている、コーヒー酸には強い抗ウイルス効果があり、様々なウイルスと戦い予防に繋がります

 コーヒーがウイルスの増殖を抑えてくれ、冬の免疫力が低下してくる時季のホットコーヒーが体を温めてくれあなたをウイルスから守ってくれるのです

① クロロゲン酸が体の中で様々な働きを

 コーヒーに含まれているポリフェノールクロロゲン酸、加熱で分解された時に生じる素敵な成分の1つになり

 このクロロゲン酸に抗酸化作用、糖尿病予防などに力を発揮し、多くのすぐれた健康効果を体に及ぼしてくれます

 カフェインが体に悪いと言う報告はあるのですが、クロロゲン酸が体に悪影響を及ぼすと言う記事はありません、そのくらい素晴らしいポリフェノールなのです

 しかしクロロゲン酸は熱に弱くコーヒーを焙煎する時に減ってしまい、深入りなどにしてしまうとなお一層その数は減ってしまいます

 クロロゲン酸をダイレクトで摂りたい場合はサプリ等で代用すると効果的になります、クロロゲン酸が熱に弱い反面、その熱のおかげで数が増えてくるのがコーヒー酸

 

 コーヒー酸はあまり知られておらず、コーヒー酸がガン細胞の移転や増殖を抑制してくれるほか、ウイルスの増殖も抑えてくれます

② コーヒー酸の抗ウイルス効果を

 コーヒー酸はまだ研究中のものが多いのですが、抗ウイルス対策に力を発揮するとも言われ

 

 A型インフルエンザ、B型肺炎ウイルス、C型肺炎ウイルス、ヘルペスウイルスなど多くの性質の異なるウイルスの増殖を抑制した働きを見せています

 これからの研究結果が楽しみになるところです、冬にはほとんどホットコーヒーを飲まれると思いますが、このホットの部分にも効果があり

 体を温めて、温活にも繋がり免疫力が自然と上がるので、ホットな体とコーヒーの力で病気のリスクを下げ、病気知らずの体を作っていきましょう

【体を温活】体温を上げるだけで自然に痩せる・心を整える 今日からできる体内HOT生活 病気知らずで美しく ダイエット体温を上げて美しく痩せる・メンタルを改善、今日からできる簡単温活、体温を食べ物で上げる、食生活習慣でゆっくりと改善で、自然と体重が落ち、メンタルも平穏に、ショウガ、ニンニク始め安価で食べれるものが多数あり、いつものご飯にもう一品、ぽかぽか生活をぜひ実行していきましょう...

4・コーヒーの素朴な疑問を

 コーヒーはこだわればこだわるほど奥の深い飲み物になり、今では家庭でも多くの飲み方を実践されてある方も

 ちょっとした疑問を解決して、美味しさプラス健康効果を体に摂り入れていきましょう

① コーヒーの抽出方法は

 今では紙フィルターやサイフォン、プレス、エスプレッソなど様々な抽出方法があり、味わいも大きく変わり、自分や豆にあったのを探すのも面白い物です

 香りや味の濃く、豆本来の美味しさ等を楽しむのなら直接するのがいいのですが、ジテルペンを気にされてある方は紙フィルターを使って抽出し、減らすのがベストになります

② インスタントなどで変わる?

 抽出方法もたくさんありますが、インスタントやレギュラーの種類もありますが、この種類によっての影響はあまり変わらないのです

 基本のコーヒーを抽出してからフリーズドライするのがインスタントコーヒーですので、健康上の違いはとくにはありません

③ コーヒーを飲みたいけど胃がキリキリ

 コーヒーを飲みたいけど、飲みと胃が痛くなったり、キリキリしたりする方もおられます、カフェインが胃酸を刺激する働きがあるので、その働きがストレスで弱ってる胃に効果を表したりします

 まずは病院に行って、胃の検査をしましょう、そして無理にブラックを飲むことはありませんが、飲む際には豆乳を入れて胃への負担を和らげましょう

 植物性のタンパク質や鉄分やビタミン・ミネラルを摂ることが出来るので、飲めない方には豆乳ラテに

④ 深煎りがいいのか浅煎りがいいのか

 コーヒー豆には大まかなに浅煎り、中煎り、深煎りがあり、それぞれに味わいが変わり、自分にあったこだわりが人それぞれにあります

 カフェインを摂取する場合は、特に変わりませんが、コーヒーでクロロゲン酸を摂りたいと言う方はなるべく浅煎りをチョイスしていきましょう

 クロロゲン酸は熱に弱く、深煎りにしてしまうと長い間熱にさらされるので、クロロゲン酸がなくなってしまいます

 クロロゲン酸を重視する際にはサプリが出ており、コーヒーの場合は浅煎りを楽しんでいきましょう

⑤ 需要が多くなっているカフェインレスコーヒーの効果は

 今カフェインを気にしている方が飲まれるのはカフェインレスコーヒー、こちらも種類が多く出ており、コーヒーを時間を気にせず楽しむことが出来ます

 ただカフェインレスコーヒーの場合も少量のカフェインが入っていることもありますので夜に飲むのはあまりお勧めしません

 カフェインを摂りたくない時にクロロゲン酸をコーヒーで摂りたい時にカフェインレスコーヒーでしっかりと補給しましょう

⑥ 子供にコーヒーは何歳ぐらいから?

 今では自動販売機、コンビニ、スーパーなどどこでも気軽にコーヒーを飲むことが出来、それは大人だけでなく、子どもも同様です

 気になるのは子どもに対してのカフェインの影響になり、小さいうちに与えていいのか悩んでしまう所になります

 カフェインは常用性、中毒性があり一度飲むとずっと飲んでしまうこともあり、これが砂糖入りのものだと、若年性糖尿病などになることもあります

 小さなうちに飲ませたい場合は、カフェインレスコーヒーに豆乳を入れた物で栄養を摂ってもらうのもいいでしょう

 小学生までは控えた方が良くカフェインレスコーヒーで済ませ、本格的なコーヒーは中学~高校生からっっと親子で決めましょう

 今ではおしゃれなコーヒーショップもあるので、カフェインと砂糖などの摂り過ぎには目を配らるようにすることが望ましいです

⑦ コーヒーとダイエット効果は?

 コーヒーはノンカロリー飲料で、脂肪燃焼効果もありダイエットのサポートにも適した飲み物とも言え、筋トレをされてある方も、カフェインサプリを飲んである方も多くいます

 コーヒーを飲むことで、脂肪を燃焼するので、運動する1時間前などに服用するとダイエット効果を発揮しますが、夜に飲むと睡眠に影響するのでその辺りは考えて服用しましょう

まとめ:コーヒーのプラス要素を上手に摂り入れて、健康体を

 2部に渡ってコーヒーの良さを取り上げていきました、コーヒーはカフェインの成分で取り上げられますが、カフェインの他にも様々なプラス効果があります

 コーヒーは1日1~3杯が適量となり、多くの健康効果や予防効果を体にもたらしてくれ、日々の生活のサポートをしてくれます

 カフェインよりも健康効果をもたらしてくれる、クロロゲン酸、こちらも意識して摂り入れるとなお効果を発揮してくれることです

 カフェインは睡眠に影響を及ぼしますので、飲む際には昼の14以降の服用は避けるのが良く、それ以降はカフェインレスコーヒーなどで置換えていきましょう

 コーヒーは健康効果だけではなく、気持ちを落ち着かせる効果もあるので、休憩の際には、ホット一息コーヒーで幸せの時間を楽しみましょう

タク

 コーヒーのスーパーパワーを休憩中に摂り入れていきましょう

コーヒータイムをお家で楽しむ

カフェインレスコーヒーをお家で

カフェイン・クロロゲン酸を取り込む

コーヒーを美味しくお家で抽出

このブログでは食痩・食心改善に関する質問を募集しています

友だち追加

https://kogatakuya0125.com/wp-content/uploads/2022/10/BC0B9EF4-B601-4922-B7FA-D23E54E7914B-1024×538.png

ABOUT ME
kogatakuya0125
多くの方々のダイエット・痩せない悩み・健康・メンタル改善のサポートをさせていただいています 私が行っているのは、食事の改善を主にしており、運動は当人にお任せ、人は食べたもので出来ていますが、現在は食べ物にあふれており食事管理が難しくなっています 日々少しずつ改善してするお手伝いをさせていただけると光栄です、一緒に頑張っていきましょう
RELATED POST
プチダイエット30選
プチダイエット30選