メイン

タンパク質を意識すれば 未来が変わる

食事はご飯・パン・麺類などの糖質中心の方

果物・野菜ジュース、トマトジュース・スムージーなどを良く飲んである方

健康寿命を延ばしたい、いつまでも歩いていきたい方

お肉 いらすとや に対する画像結果

 結論 100歳までしっかりと歩くために、糖質過多はやめてタンパク質を重視

 動画でも解説しています↓↓↓

骨と筋肉が若返る食べ方 に対する画像結果

 今回ご紹介する本は、大友 通明(みちあき)先生「骨と筋肉が若返る食べ方」からの引用・ピックアップ・抜粋になります

 今では食品が溢れており、どこでも美味しいものが買える状況です

コンビニ いらすとや に対する画像結果

 コンビニ・スーパー・ドラックストア等々朝から晩まで開いている、非常に便利なお店が増えてきていますね

 しかし食品が手に入る分、体に悪い食品、加工品が多数並んでいます

添加物 いらすとや に対する画像結果

 何も知らないと、体に悪いものばかり食べてしまい、しらない内に体を蝕んでしまうのです

 自分ではちゃんと食べているっといわれますが、重要なのは、栄養素

 無意識なままだと、1日に必要な栄養がとれていない状況になるのです

 本日は、糖質過多、タンパク質の重要性をピックアップしています

勉強 いらすとや に対する画像結果

 それでは一緒に勉強していきましょう

好きなもの、楽に食べれるものでは健康は遠のく

牛丼 いらすとや に対する画像結果

 今では気軽に、お得に、早く食べるものが重宝されます

 パンなどは特に食べやすい食べ物になっていますよね

 切る必要もなく、バターやジャムを塗る、トーストで焼くだけで食べることができます

コーヒー パン いらすとや に対する画像結果

 しかも、朝はパン一枚のみ食べて、コーヒー飲んで食事終了と

 言われる方が多いと思います、これだけでは全く栄養が足りず

 糖質を摂って終わりの状況になっているのです

 朝にこのような状態で栄養失調のまま過ごして、いざ、昼ごはん

麺 いらすとや に対する画像結果

 今度は麺類、ラーメンやうどん、パスタなどの糖質の摂取が続きます

 家にいてもカップラーメンなど簡単に調理できますので、また栄養の足りないまま1日を過ごします

 15時になったら、甘い甘いチョコ、ポテトチップスなどを食べます

 ここで大量の脂質と、糖質を摂取しますね

 そして夜には、ご飯に油ものの、同時摂取や少量の野菜で1日の食事終了になります

 さらには夜に飲酒、美味しいビールを飲んで翌日に備えます

デブ いらすとや に対する画像結果

 今現在、このような生活をされている方は徐々に増えています

 お腹は一杯になっているかもしれませんが、全く栄養がとれていないのです

 今は、しっかりと食べている人でも、栄養失調と言われてしまうこともあるしばしば

 問題は糖質過多とタンパク質不足になります

 糖質は簡単に摂取することができますがタンパク質はしっかりと意識をしないと摂ることができません

 ほとんどの方が、糖質でお腹いっぱいになり他の物を食べません

タンパク質 いらすとや に対する画像結果

 まずは、タンパク質、ビタミン、ミネラルを十分と摂って最後に糖質を摂るようにしていきましょうね

糖質過多が起こす心の病気

 糖質過多は、まずは身体的異常が見られます

 不眠・動悸・不整脈・体のむくみ・血糖値以上などなど、これらのことが起こります

胸が痛い いらすとや に対する画像結果

 更には、これらのことが悪化してしまい、糖尿病・心筋梗塞など命に関わる病気につながることもあるのです

 身体的異常から心の異常につながることもあるのです

 糖質の摂り過ぎで、血糖値の上下が激しくなります

血糖値スパイク に対する画像結果

 血糖値が上がり、それを下げるために、体が働き、血糖値は下がりますが、また糖質を摂るためまた急上昇

 このようなことが日常連続して続くと、自律神経が乱れてきてしまうのです

眠れない いらすとや に対する画像結果

 自律神経は、睡眠に大きく関係してきます

 糖質過多を続けていると、睡眠に入ろうとしても、脳が興奮状態にあり

 寝つけず、深い眠りがとれないのです

 こうして、自律神経が乱れから、うつ病・精神疾患などを患ってしまいます

まずは朝、昼、晩のタンパク質の意識を

お肉 いらすとや に対する画像結果

 朝の糖質、昼の糖質を控えていき、タンパク質を摂取を心がけていきましょう

 摂取が大切なのはわかったけど、実際どれくらいとるの??っと思われるかもしれません

 タンパク質の摂取量は、運動をされない方は1日に、体重×1.0~1.5gの摂取が求められます

 体重が60kgの方は、1日に60~90gの摂取が求められるのです

 この量を一回の食事でとるのではなく、1日の内に分けて摂取していきましょうね

 理想は、朝、昼、晩に20gずつが一番簡単で理想的ですが、朝は厳しいと言われる方は

ナッツ いらすとや に対する画像結果

 朝と昼の間、おやつ時にプロテインやナッツ、などを摂取していくと、案外簡単に1日分摂ることができます

 お菓子も、甘いものではなく、プロテイン、ナッツやするめに変えることで、しっかりタンパク質を摂ることもできますよ

 お昼にも、しっかりとタンパク質を摂るようにしていくために、麺類をメインにするのではなく

ノー いらすとや に対する画像結果

 揚げていないお肉類、魚の定食が理想ですね、この時ご飯は半分または、なしでの注文にしていきましょう

 このことで血糖値の上昇を抑えることができ、血糖値をしっかりとコントロールすることができますよ

  

 夜は野菜、とタンパク質を

 夜は後は眠るだけになりますので、栄養は無駄に必要ありません

脂肪 いらすとや に対する画像結果

 ここで、糖質・タンパク質・脂質を摂りすぎてしまうと、エネルギーにならなかったものは脂肪になって蓄積されてしまうのです

 そして眠る前に、大量に食事をとってしまうと、今度は消費をしないといけないために、胃が活発に

 そのことでどんどん、臓器に負担をかけていってしまうのです

サラダ いらすとや に対する画像結果

 まずはいきなり糖質をなくすことは、難しいので、お茶碗半分にして、その分野菜を摂っていきましょうね

元気 いらすとや に対する画像結果

 まとめ 日々の食事でタンパク質を意識、毎日意識していくことで体の変化を実感できる

 今回は糖質過多、タンパク質の重要性にピックアップ

①好きな食べ物ばかりは健康は遠のく

 今は気軽に食べることができ、簡単にお腹がいっぱいになります

 朝はパン、昼は麺類、夜はご飯に揚げ物など、栄養バランスが悪い食事をとっているのです

糖質過多が起こす心の病気

 糖質過多は身体的異常が見られます

元気 いらすとや に対する画像結果

 さらには、精神面にも影響が出てしまい、睡眠不足から、うつ病精神疾患など患ってしまうのです

タンパク質の意識を

 普段の糖質をタンパク質に変えて、摂取を心がけてきましょうね

 毎日体重×1.0~1.5gの摂取をしていきましょう

 この量を1日数回に分けてしっかりと摂取をしていきましょうね

食事 いらすとや に対する画像結果

 この機会に自分の食生活を見直してみましょう

 今日からしっかり意識することで、様々な病気を予防・改善ができるのです

 まずは、タンパク質を日々どうやって摂取していくかを考えていき

 食事をこの機会に変えていきましょうね

 いつも見ていただいてありがとうございます カウンセラー卓也でした

本日もよい夢をバイバイ(^_^)/~

カウンセリングのご相談はこちらから↓↓↓

福岡博多久留米カウンセリング 心茶屋 (eek.jp)

 本日はこの本からの引用・ピックアップ・抜粋になっています

管理栄養士が認めた実力★ストーンチャコールダイエットサポートサプリ【ダイエットフィルター】

農薬・化学肥料不使用『森のコーヒー』

https://kogatakuya0125.com/wp-content/uploads/2020/12/20201217_142524765-1080×720.jpg

ABOUT ME
kogatakuya0125
見ていただいてありがとうございます カウンセラー、終活アドバイザー、マネーリテラシー講座を主にやらせていただいております 時間があるとカフェオレの旅をしています