メイン

今ではシラフが主流に アルコールについて知っていこう

最近飲む量が増えてきた方

今年にはお酒をやめたい方

毎日飲んでいるけどどうなのか??っと思う方

お酒 ノー いらすとや に対する画像結果

 結論 変わりつつあるお酒の飲み方、今ではシラフの方がかっこいい

 動画でも解説しています↓↓↓

そろそろお酒やめようかな に対する画像結果

 今回ご紹介する本は、垣渕 洋一さん「そろそろお酒やめようかなと思ったときに読む本」からの引用・ピックアップ・抜粋になります

 お酒の飲み方を、この機会に見直し健康面を充実したい方が増えており

 体調に異変が出る前、将来のためっと考えてあるかも多いのです

飲酒 ノー いらすとや に対する画像結果

 しかし、お酒を簡単にはやめれないのが現状になっています

 今までずっと飲まれていた方がいきなり辞めていくのは、難しく

 そのような方はまず、今のお酒の量を減らしていく減酒を目標にすると、禁酒までの道のりが早くなります

 まずは健康に害のない程度に減らしていくことが理想になります

えっ いらすとや に対する画像結果

 現在アルコール依存症の方は約100万人も、そしてアルコール依存症予備軍の方は約1000万人にも及ぶというデータも

一緒に 勉強 いらすとや に対する画像結果

 本日は変わりゆくアルコールとの関係について一緒に勉強していきましょうね

毎日お酒を飲む方は依存症、または予備軍

 アルコール依存症には、急性と慢性の2種類があります

 慢性は、日々の晩酌などが積み重なり陥ってしまい

酔っぱらい いらすとや  に対する画像結果

 最初は、コップ一杯だったのが、年数を重ねるごと体が慣れていき、量が増えていくのです

 アルコールが身体に悪いけど、やめられないっといわれる方は、依存症が進んでいる状態とも言えるのです

 飲酒が心身にもたらす影響は多数あり、良いことは何もない状況です

 健康面の及ぼす影響

肝障害 糖尿病 気付かない内にけが うつ病、精神疾患 うつ病、精神疾患

 家庭に及ぼす影響

DV 虐待 別居 離婚

 職場に対する影響

無断遅刻・欠勤 仕事中に飲酒 ミスを多発 退職・失業

酔っぱらい いらすとや  に対する画像結果

 注意したいのが、今日飲んだからといって、明日このようなことに陥る訳ではありません

 毎日飲んでいくことで、体を徐々に蝕んで行くのです

 20代前半から飲み始めて、早い方で20代後半にアルコール依存症に陥る方も

 飲酒は、心身、家庭、職場以外にも様々な問題を生んでしまいます

ノー いらすとや  に対する画像結果

 悪影響が出る前に、飲酒習慣を断つ必要があるのです

お酒にはまってしまうのはどんな人??

 お酒にはまってしまう人はどんな人を想像しますか??

 意志が弱い人??逃げ癖にある人??

頑固 いらすとや  に対する画像結果

 実際には、頑固で完璧主義の方がアルコールにはまりやすい傾向にあります

 性格上、どっちかはっきり白黒をつけるために一人で抱え込んでしまい、アルコールに走ります

 家族や友人、同僚の方が注意してもなかなか、聞く耳を持たないために、飲酒量が増えてしまう傾向にあるのです

大学生 いらすとや  に対する画像結果

 そして「優等生」と言われる方も、はまってしまう傾向に

 若いうちにアルコールにはまってしまうのことがあるのがこのタイプの方々

 アルコールは20歳以上になると、誰でも気軽に購入することができます

 小さい時に、大人の顔色ばかり伺ってばかりの優等生タイプは、アルコール依存してしまうことがあるのです

 リタイア後の方も注意が必要

 定年退職された方も注意が必要です

 今までは仕事に行き、夜に晩酌っといった暮らしをされていた方は

 定年後に、最初は日中に何をしたら良いか分からなくなり、定年祝いに朝から一杯っと飲むはじめ

老人 お酒 いらすとや  に対する画像結果

 どんどん悪習慣になっていき、気付けばアルコール依存症になる方も少なくはありません

 このことは男性だけの現象ではなく、女性も子育てがひと段落し

 子供が家を出ていき、その寂しさを紛らわすために、飲酒に走る方もいらっしゃいます

 今では60代のアルコール依存症、予備軍の方は、増えている傾向にあるのです

老人 からおけ いらすとや  に対する画像結果

 アルコールに変わる、趣味を定年前などに見つけることで、予防ができますよ

適度な飲酒とは??

 普段飲んでいる方にいきなりお酒をやめろっといって辞めれる方は、少ないものです

老人 禁酒 いらすとや  に対する画像結果

 もちろんいきなり辞めることができる方は、そのことが理想になります

 まずは、今の飲酒量を最低限の適量にすることが最優先です

 どんなお酒にも、含まているアルコール率があり、この純アルコール換算量が重用なのです

 国が定めた、「健康日本21」では1日の平均アルコール量は20gになっています

・ビールで500mlを1缶、日本酒で1合、25度の焼酎で100ml、ワインは小グラスで2杯程度

 これらが1日の適量です、適量だからといって、わざわざ毎日飲む必要はありませんよ

 今、飲んでいる量をしっかりと把握することが重用です、そこから徐々に量を減らしていきましょうね

 今では、飲み会も減ってきており、お酒を飲み方もどんどん少なくなっているのが現状です

 シニア世代と若者世代には飲み会に対してだいぶ温度差があり

 アメリカの若者は、お酒を飲まない方が今ではカッコイイっという方向に変わりつつあるのです

 以前は無理やりにでも、飲み会なので、飲ませていましたが

 今では強制的にアルコールを飲ませることは

 アルハラと言ってパワハラの一種になってしまいますのでご注意を

 禁酒 いらすとや  に対する画像結果

 まとめ 今お酒を飲み過ぎと思う方は、1日アルコール量20gを目指そう、まずは減酒から

 本日は変わりゆくアルコールとの関係についてです

 ①毎日お酒を飲む方は依存症、または予備軍

 アルコール依存症には、急性と慢性があります

 20代からの飲酒がどんどん積み重なり、歳を重ねるとアルコール依存症にかかりやすくなるのです

 飲酒の悪影響が出るまでは、飲酒習慣を断つ必要があるのです

②お酒に、はまってしまう人はどのような人か??

 アルコールにはまりやすい方は、頑固で完璧主義な方がはまりやすくなるのです

 今までに、いい子、優等生だった方もアルコールにはまりやすい傾向

 さらのは、リタイア後なども、注意が必要になってきます

③適度な飲酒、今の飲み会事情

 まずは今飲んでいる量をしっかりと、把握し、減酒していく必要があるのです

 今では、飲み会も減っており、飲み会でもお酒を飲まない方が増えてきています

 今では、飲み会でも飲まないことも受け入れられていますので、この機会にお酒をやめていくことも

 徐々にお酒の量を減らしていき、禁酒まで、歩んでいきましょうね

 まずは、今飲んでいる量の把握からです、そこから改善点が見えてきますので

 把握し、日々のアルコール量を調整し、減酒、禁酒に踏み込んでいきましょう

 いつも見ていただいてありがとうございます カウンセラー卓也でした

本日もよい夢をバイバイ(^_^)/~

カウンセリングのご相談はこちらから↓↓↓

福岡博多久留米カウンセリング 心茶屋 (eek.jp)

 本日はこの本からの引用・ピックアップ・抜粋になっています

自家焙煎珈琲所【Croaster Select coffee】

流行りのメンズコスメ!【アンビーク2ステップケアセット】

https://kogatakuya0125.com/wp-content/uploads/2020/12/20201217_142524765-1080×720.jpg

ABOUT ME
kogatakuya0125
見ていただいてありがとうございます カウンセラー、終活アドバイザー、マネーリテラシー講座を主にやらせていただいております 時間があるとカフェオレの旅をしています