メイン

脳に毒を入れるな 無意識に毒を入れている行為に ご注意を

健康な食生活をしたいけどどうしたらいいかわからない方

認知症 いらすとや に対する画像結果

最近少しずつ物忘れをしている方

ぐっすりと寝ても疲れがとれない方

食事 いらすとや に対する画像結果

 結論 脳に毒を入れないようにしよう、食事で改善、無意識の内の摂取に注意をしよう

 動画でも解説しています↓↓↓

脳の毒を出す食事 に対する画像結果

 今回ご紹介する本は、白澤 卓二先生の「脳の毒を出す食事」からの引用・ピックアップ・抜粋になります

 

 この本は食事のことを今後徐々に気にしていこうと思う方

 健康診断であまり望ましくない結果だった方など

 これからの予防・改善に非常に参考になる本になっております

 日々の健康は、やはり食事が重要な鍵になり

食事 いらすとや に対する画像結果

 食べるものをしっかりと意識して食べていくことで

 今度の健康寿命にも良い方向に作用します

 今回は脳に毒を入れない食事法になり、日々取り入れていくことで、少しずつ効果が出てくることです

勉強 いらすとや に対する画像結果

 本日も一緒に食事改善術を勉強していきましょうね

①白米は食べずに玄米に

 糖質を控える食事は、脳に毒を入れないために非常に効果的になります

 よく糖質制限と言われますが、実際はほとんどの方が糖質を摂る過ぎていることを知りません

糖質 いらすとや に対する画像結果

 糖質制限をされている方のほとんどが、1日の適量な糖質摂取量になっているのです

 体内に入れる糖質を控えることで、タンパク質と糖質の結合を防ぎ

 その時発生する、老化タンパクAGEを作りにくくし、認知症などの原因の血糖異常を防ぐことも

 糖質を一日に処理できる量は、なんと15gほど

 茶碗一杯のご飯で糖質50g~になりますので、とり過ぎなことが分かりますね

玄米 いらすとや に対する画像結果

 そこで、もしお米を食べたい場合は、白米を玄米に切り替えていきましょう

 玄米の糖質は多いのですが、白米に比べての栄養素、健康面が全く異なります

 栄養面では、現代人に足りない亜鉛・ナトリウムも含まれており

白米に比べて、玄米はよく噛んで食べる傾向に

咀嚼 いらすとや に対する画像結果

 しっかりと噛んで食べることで脳に、非常に良い影響を与え、消化も助けます

 パンなども、全粒粉やライムギの物、そばはなるべく10割に近い物を選んで食べるとよいでしょう

油(脂)を変えていく

びっくり いらすとや に対する画像結果

 油は体に悪いと言われていた時代があります

 しかし今では、体に良い油、体に毒にしかならない油があるのです

 脂質はよく悪いものっと、思われがちになりますが、少量でエネルギーになり

 ビタミンを体内に効率よく吸収する手助けもしてくれるのです

のむ いらすとや に対する画像結果

 ここで気を付けたいのが、良い油と言っても

 ガンガン摂取して良い訳ではなく、適量が重用ですよ

 ①良い油

 オメガ3、魚、えごま、あまに

 オメガ9、オリーブオイル、ごま油

 中鎖脂肪酸ココナッツオイル、MCTオイル

えごま いらすとや に対する画像結果

 これらは、炒めたりはせずに、野菜などに直接ドレッシング代わりにかけていきましょう

 1日にスプーン1杯ほどで十分、毎日しっかりと摂取していきたいところです

悪い油

 オメガ6、大豆油、コーン油、サラダ油

 トランス脂肪酸、マーガリン、ショートニング

 これらを摂取することには注意が必要です、自然と使用している物ばかりではないでしょうか??

 注意する油はこれらの油になっています

 適量でしたらよいのですが、摂りすぎてしまうと

老人 病気 いらすとや に対する画像結果

 動脈硬化・高血圧・脂肪肝・アレルギー疾患などの病気を引き起こしてしまうのです

 これらの商品は、安価で手に入りやすくなっていますので

 外食産業などでも使われていますので、そのあたりも意識していきましょうね

添加物・人工甘味料に注意

 最近では糖質0・カロリー0商品を良く見ることがあります

添加物 いらすとや に対する画像結果

 これらの食品表示を見ていきますと、ほとんどのものに、添加物・人工甘味料が入っています

 砂糖の代わりに、これらの添加物を入れているのです

 食品表示にある、果糖ブドウ糖液などはトウモロコシから作られる安価な甘味料

 できるだけ、加工食品の摂取を控えていくようにしていきましょうね

 しかし甘みが欲しいっと言い方には

 甘酒・麹などで代用をしていきましょう

元気 いらすとや に対する画像結果

 まとめ 脳・体に毒を入れない食事をしていこう、少しずつ意識を変えていくことで、病気知らずの体に

 今回は体に毒をいらない食事法になります

白米は食べずに玄米を

 1日に処理できる糖質の量は15gほど

 そのことを考えて、糖質を摂取していきましょう

 気軽にできることで、白米を玄米に変えることでも効果があります

 栄養面、健康面で、玄米は体に良い方向に働いていくのです

油(脂)を変える

 普段使用している油を変えていきましょう

 オメガ3・オメガ9・中鎖脂肪酸を摂取していくことを意識していきましょうね

人工甘味料に気を付ける

 今の加工食品のほとんどに添加物・人工甘味料が入っています

 食品表示を確認していきましょう

 日々少しでも、予防・改善を行っていきましょう

 毒を入れない食事を行うと、体で良くなっていくことを実感できます

 いつも見ていただいてありがとうございます カウンセラー卓也でした

本日もよい夢をバイバイ(^_^)/~

カウンセリングのご相談はこちらから↓↓↓

福岡博多久留米カウンセリング 心茶屋 (eek.jp)

 本日はこの本からの引用・ピックアップ・抜粋になっています

https://kogatakuya0125.com/wp-content/uploads/2020/12/20201217_142524765-1080×720.jpg

ABOUT ME
kogatakuya0125
見ていただいてありがとうございます カウンセラー、終活アドバイザー、マネーリテラシー講座を主にやらせていただいております 時間があるとカフェオレの旅をしています