メイン

相手に期待はしてはいけない!!ありえないは捨てよう!?

あの人はありえない人!!

思うようにあの人は動いてくれない

怒ってはいけないとおもっていませんか??

感情 いらすとや に対する画像結果

 結論 感情のコントロールしていこう、感情の器・枠を広げて、受け止め方を変えていこう

 動画でも解説しています↓↓↓

 

ソース画像を表示

 本日は種市 勝がく先生の「怒らない習慣力」からの引用・ピックアップ・抜粋になっています

 

 最近ずっとイライラ感情が収まらないことはありませんか??

ホッ いらすとや に対する画像結果

 今日は感情のコントロール、器が広い人、心の枠について知りましょう

許す いらすとや に対する画像結果

 よくあの人は器が広いなっと思われる方がいらっしゃいます

 なぜその人は器が広いのか気になりますよね??

 人には生きている内に自分ありのルールや予測や多望な期待があるのです

 相手に勝手に期待をしてしまい、相手がその通りに動いてくれた、範囲内に収まっていた場合は感情は乱れませんよね??

怒り いらすとや に対する画像結果

 しかし、こちらが思っている働きをしなかった場合は、怒りの感情が溢れてくてしまうのです

 こう動いてくれると思っていたのにその通りに動かない

 こちらの言ったとおりに動かなかった

 アドバイス通りにしない

 このようなことは誰しもにあることですが

 この許容範囲次第で、相手を許せる、許せないの心の器の大きさになるのです

 本日はこの心の器、枠を広げていく方法になります

 この器、枠を広げることで、自然と怒りの感情は小さくなっていきます

一緒に勉強 いらすとや に対する画像結果

 本日も一緒に勉強をしていきましょう

まずはメモ・データを取る

 自分を客観的に知ることが非常に重要なことになります

 自分自身がどのようなことに怒っているのかを知らなければ

 日々何に怒っているのか分からない状態

 怒りは悪い感情ではありません、ずっと何に怒っているのか分からない状況がよくはないのです

喜怒哀楽  農家 いらすとや に対する画像結果

 自分の喜怒哀楽が自分の本当の器・枠を教えてくれるのです

 怒ったときに、同じことが3回続いた時、怒ったとすれば

 2回はしっかりと耐えていることが分かります

グッド いらすとや に対する画像結果

 人を2回は許せることができるんだなっということも分かるのです

 客観的に見ることで、自分の変化にも気づきやすくもなります

 怒りや、悲しみ、不安などの感情のネガティブな感情が出てきたときほど自分を知ることができるチャンス

 この気づきを、しっかりとまとめて、自分の感情を知っていきましょうね

その思い込みを捨てる

 人は勝手にあの人はこういう人だ、思い通りに動いてくれるだろう

思い込み いらすとや に対する画像結果

 その通りに動かなかったら、裏切られた、なんでだっと怒ってしまいます

 これらは、こちらが勝手に思っていた通りに動かないだけになっています

 実際に相手の方は何も悪気もありません

 こちらが勝手に悪と思っているだけです

 

思い いらすとや に対する画像結果

 自分で勝手に思い込んで、自分を追い込んでいるだけになります

捨てる いらすとや に対する画像結果

 思い込みを捨てること、思い込みを固定しないことが重用になります 

 怒ったときに、自分の思い込みではないか??っと

 怒りを見つめなおしていきましょう

 ありえないという感情も捨てていきましょう

 あのありえないっと怒ってある方もいますが、このタイプの方は完璧主義な方が多く、人の失敗など許せないのです

 ありえないっということは、他人をコントロールしたいという思いもありますが

 他人はコントロールは出来ません

 人を変えようとすると、そのことは大きな怒りになるのです

 自分は自分、他人は他人精神が一番です

不安 いらすとや に対する画像結果

 他人を変える行為を行うと、怒りの感情がどんどんストレスになり、自分を苦しめてしまいます

 ありえないっと怒るより、まあいいかなっと少しづつ許る気持ちを持っていきましょう

 相手を受け入れることで捉え方が大きく変わってきます

 

オッケー いらすとや に対する画像結果

 相手を許していくことで、こちらの心の枠・器が広くなっていくのです

他人に期待しない

 思い込みを捨てるに似ている部分がありますが

 あの人はこう動く、こうしてくれるっと期待をしてはいけません

怒り いらすとや に対する画像結果

 そして、こちらの思うように動かないと怒りの感情がふつふつと湧いてくるのです

 相手に期待するということは、様は勝手なこちら側の要求になってしまいます

 大切なのは、相手に期待はせずに、自分の思考を柔軟にしていくことです

 相手も結果もコントロールをしないようにしていきましょう

 最初に内にいきなり行うことは難しいので

メモ いらすとや に対する画像結果

 相手に期待してしまったときに、そのこともメモしておきましょう

 あの人にこのように期待をしてしまったけど・・・

 っとここでも自分のことを客観的に見ていきましょうね

 相手の何に期待して、どうなったときに怒ったのか??

  

 そのことが分れば、今後の予防・改善点がしっかりと見えてきます

 見えてきたら、日々のとらえ方、考え方を少しずつ変えていきましょうね

グッド いらすとや に対する画像結果

 まとめ まずは怒りをメモして、客観的に見つめ治していこう、相手に思い込み・期待はせず徐々に相手を許していこう

  • 本日は心の枠・器の広げ方になります

 よく器が広いっと言われる方がいらっしゃいますね

 器や枠は自分のとらえ方によって変えることができるのです

  • まずはメモ・データを取る

メモ いらすとや に対する画像結果

 日々の怒りを客観的に知り、見つめなおすことができ

 普段自分自身がどのようなことに怒っているのか??そのことを知ることで、予防・改善ができるのです

  • 思い込みを捨てる

 私の思うように動かないから、裏切られた気持ちになったり、ありえないと思ったり

 自分のことを自分自身で追いこんでいるだけになります

 自分は自分・他人は他人精神・線引きを行いましょう

  • 他人に期待をしない

 こちらが期待して、相手が動かない場合にそのことが怒りに変わってしまいます

 相手をコントロールしようとせずに、ここでも怒りを客観的に見ていきましょうね

発見 いらすとや に対する画像結果

 まずは自分の日々の怒りをまとめてみましょう

 見つめなおすことで

 あまり怒ってなかったな、こうなったら怒るのかっと、何回か同じことがあったら怒っているなっと

 怒りの原因・予防・改善策が見えてくることです

 客観的に見つめなおすことができたら

 日々の怒り・捉え方が変わってきて、自然と器・枠の広い人に生まれ変わることができます

 いつも見ていただいてありがとうございます カウンセラー卓也でした

本日もよい夢をバイバイ(^_^)/~

カウンセリングのご相談はこちらから↓↓↓

福岡博多久留米カウンセリング 心茶屋 (eek.jp)

 本日はこの本からの引用・ピックアップ・抜粋になっています

お名前.com

https://kogatakuya0125.com/wp-content/uploads/2020/12/20201217_142524765-1080×720.jpg

ABOUT ME
kogatakuya0125
見ていただいてありがとうございます カウンセラー、終活アドバイザー、マネーリテラシー講座を主にやらせていただいております 時間があるとカフェオレの旅をしています