メイン

そのダイエットは間違っている? 内臓脂肪を知って、正しいダイエットを

毎日毎食、糖質を摂っている方は注意が必要です!!

カロリーばかり気にしても痩せない!!

お肉は太ると思っていませんか??

ダイエット いらすちや に対する画像結果

 結論 内臓脂肪のことについて知ろう、内臓脂肪を知ることで健康的なダイエットにも効果的

 動画でも解説しています↓↓↓

 

 お腹の周りのポッコリが気になっていませんか??

ダイエット いらすちや に対する画像結果

 今回はあまり知られていない、内臓脂肪の話

肥満 いらすちや に対する画像結果

 内臓脂肪のつきすぎ歯生活習慣病の原因になっており

 お腹がポッコリと出てきたら、内臓脂肪がたまっているサイン

 内臓脂肪は中年以降の方が徐々に増え始め、摂れにくいのです

 内臓脂肪を取り除いていくことで、様々な病気の予防と自然とつながります

 

勉強 いらすとや に対する画像結果

 本日は一緒に勉強していきしょう

【初回限定70%OFF&送料無料!】今からでも遅くない。話題のダイエットスムージーで憧れのボディ!

①体の脂肪について知ろう

内臓脂肪

 内臓脂肪は字のように内臓につく脂肪のこと

 内臓に周辺や腸などの消化器官などにもたまるのです

林檎 いらすとや に対する画像結果

 たまりすぎた状態から「林檎型肥満」と呼ばれることも

 内臓脂肪はつかむことができません

 これらのたまりすぎると病気の原因になるのです

肥満 いらすとや に対する画像結果

 加齢になるとつきやすくなるのも厄介になります

皮下脂肪

 皮下脂肪も字のように皮膚の下につく脂肪になります

 腰から太ももにかけてどんどん蓄積される特徴があり

 体温の維持やエネルギーを蓄えたり、外からの衝撃から、臓器を守る働きがあります

洋ナシ いらすとや に対する画像結果

 この脂肪がたまってしまうと洋ナシのように見えることから「洋ナシ型肥満」と呼べれるのです

異所性脂肪

 こちらが付き始めると、危険大

 上記の2つの脂肪がつくことができなくなり、本来はつくことがない場所に脂肪がつくのです

 筋肉や臓器の細胞に直接つくために悪影響があり

 外見にも分かりずらい脂肪になります

ダイエット いらすとや に対する画像結果

 異所性脂肪がつく前にしっかりと対策・改善が必要です

内臓脂肪の正体は??

 内臓脂肪が分っていても対策は出来ません、その正体を知りましょう

食べすぎ いらすとや に対する画像結果

 内臓脂肪の正体は糖質

 間違ったイメージとして、お肉や油の脂質が原因と思ってある方が多く

 ダイエット時にそちらを避けてしまいます

 脂がつくので、脂質が良くないっということが独り歩きしてしまっているのです

 そもそも脂肪とは何でしょう??

 脂肪とは、脂質と糖質が原料になり、エネルギーにならなかったものがお腹に蓄えられるもの

 そして、脂質よりも糖質の方が、脂肪になりやすいのです

 ご飯・パン・麺類・お菓子などは糖質の塊

糖質 いらすとや に対する画像結果

 さらに今ではそれに、油ものをプラスしてしまうので、肥満まっしぐら

 糖質を過剰摂取したことにより分泌されたインスリンが余ってしまうと

 そのインスリンが「肥満ホルモン」に変わってしまい

 肥満ホルモンが脂肪合成を促し、内臓脂肪になってしまうのです

たっぷり70分!エステ体験【エルセーヌ】

間違った知識が糖質過多に

 ダイエットと聞くと、カロリーや、お肉をさけてしまう方が多くいらっしゃいます

ノー いらすとや に対する画像結果

 カロリーは気にするのですが、糖質の摂取は変えずに普段を過ごしてしまいます

 体重は微減か、変わらない状況ですが、タンパク質やビタミン類が不足してしまい

 ダイエット前より体調が悪くなったりもします

糖質 いらすとや に対する画像結果

 今の食生活はほとんどに方が糖質過多の状態になっています

 ほとんどに方がカロリーが原因と思っている人が多いのですが、本当の原因は糖質

 朝はパン、昼にラーメン、パスタ、うどんのセットでご飯、夜にご飯に揚げ物を

 摂っていれば糖質過多になるのは当然

 糖質は1日に100~200gほど摂取すれば十分になります

ご飯 いらすとや に対する画像結果

 お茶碗一杯のご飯の糖質が50gになっていますので、普段の食生活を見直してみましょう

タンパク質の重要性

 糖質ばかり摂っていると、お肉や魚などカロリーの多い物を遠ざけてしまいます

筋肉 いらすとや に対する画像結果

 そのことで影響があるのが筋肉になるのです

 筋肉は何を行うにもカロリー・エネルギーを消費しています

 歩く・呼吸・心臓を動かすことなど生きていく上で、筋肉が3~4割消費されるのです

 筋肉には脂肪をエネルギーに変えてくれる力も有りますので

 この筋肉量を増やしていくことでどんどんエネルギーを消費するのです

筋肉 いらすとや に対する画像結果

 筋肉を増やすにはやはり筋トレになります

 ただし、筋トレだけでは筋肉は育ちません、筋肉にはタンパク質とアミノ酸が必要です

 間違ったダイエットではこれらを積極的に摂らないようにしていくことで

 どんどん筋肉がしぼみ、痩せにくくなってしまいます

肉 食べる いらすとや に対する画像結果

 痩せるのでしたら、しっかりとタンパク質を摂り、軽く筋トレをしていくことで十分

 タンパク質の摂取の目安は体重×1.0g~を朝・昼・晩の3回に分けていきましょう

 体重60kgの方なら、朝に20g、昼に20g、夜に20gをしっかりと意識し生活すると

 体の変化をしっかりと感じることができますよ

protein いらすとや に対する画像結果

 今ではプロテインで簡単に摂取でき味もおいしいものが多数あるので、自分に合うものを選んで行きましょう

 まとめ 糖質の摂りすぎには注意!!間違った知識が糖質過多を加速させる、タンパク質を意識していこう

運動 いらすとや に対する画像結果

本日は内臓脂肪とは何かについて解説していきました

 体の脂肪の種類

 内臓脂肪 内臓につく脂肪のことです

 病気の原因になることが非常が多いのです

 皮下脂肪 皮膚の下につく脂肪

 腰や太ももなどについてしまいます

 異所性脂肪 上記の2つがつくところがなくなると体のいたるところにつきます

 この脂肪がつき始めると危険な状態ですので、しっかりと予防・改善を

 そもそも脂肪とは?? 脂質と糖質の摂りすぎた分として蓄積されるのです

食べすぎ いらすとや に対する画像結果

 糖質が脂肪になりやすいので、糖質過多には注意していきたいところです

 タンパク質の重要性 間違ったダイエットにより、タンパク質を疎かにしてしまいがち

 筋肉は絶えずエネルギーを消費しています、筋肉量を増やすと、どんどん脂肪が燃やしていくのです

食事 いらすとや に対する画像結果

 今日からしっかりと食事の予防改善を意識いきましょう

 夜の糖質を徐々に減らしていくだけでも効果的、まずは行動です

いつも見ていただいてありがとうございます カウンセラー卓也でした

本日もよい夢をバイバイ(^_^)/~

カウンセリングのご相談はこちらから↓↓↓

福岡博多久留米カウンセリング 心茶屋 (eek.jp)

 

本日はこの本からの引用・ピックアップ・抜粋になっています

https://kogatakuya0125.com/wp-content/uploads/2020/12/20201217_142524765-1080×720.jpg

ABOUT ME
kogatakuya0125
見ていただいてありがとうございます カウンセラー、終活アドバイザー、マネーリテラシー講座を主にやらせていただいております 時間があるとカフェオレの旅をしています