メイン

腸と脳の関係 ダイエットは腸できまる 福岡 久留米 カウンセラー

食べていないのに痩せないことありませんか??

脳と腸の関係を知りましょう!!

この関係を知れば正しいダイエットが!!

 結論 脳と密接な関係が、腸のメリットを把握して、腸内環境を整える食生活を

 動画でも解説しています↓↓↓

 本日は、石黒 成治先生の「食べても太らず、免疫力がつく食事法」からの引用・ピックアップ・抜粋になっています

食べても太らず免疫力がつく食事 に対する画像結果

今回は腸のメリット編についてです

 以前までは腸は食べものの、通り道くらいにしか思われていませんでしたが

 最近では研究が進み、腸の持つすばらしさや脳のとの関係性が、分かってきたのです

快便 いらすとや に対する画像結果

 腸にまつわる本も数多く出版されており、今では’腸活’と言われる言葉も、メジャーになるくらい重要な臓器になっています

 発酵食品、食物繊維など、今では多くの食品が注目されています

 腸は’第2の脳’と言われるほど、重要な臓器になっています

 本によっては腸が一番重要臓器とも言われている本も有ります

ダイエット いらすとや に対する画像結果

 今回は腸のことをしっかりと知り、ダイエットなどにも活かしていきましょう

 腸を制する者が、健康を制すっと言われる本も有ります

 実行をすることで、体に徐々に変化が起こるはず

一緒に勉強 いらすとや に対する画像結果

 本日も一緒に勉強していきましょう

腸には免疫システムの7割がある

 腸には、体の免疫システムの7割が集まっている、すごい臓器なのです

 消化器官には様々な食品が入ってきます、その食品から、必要な栄養素だけを体内に入れる働きがあるのです

門番 いらすとや に対する画像結果

 危険なものを体に入れないように、するために腸には、多くの門番を設置しなければなりません

 驚くことに大腸には、100兆個以上の細胞が存在しています

元気 いらすとや に対する画像結果

 その細胞たちの1つに短鎖脂肪酸という、有機酸を作り出しています

 この短鎖脂肪酸が、大腸の粘膜の養分になったり、大腸の炎症を抑えたり重要な働きを行うのです

 さらには血流にのって、脳でも働くのです

 大腸の状態が悪いということは、これらのことすべてに影響が出てしまいます

健康 いらすとや に対する画像結果

 良い腸内環境を保持しておきことは、健康に摂って、非常に重要になるのです

人間は食べたものでできているの意味

 普段何気なく口に入れている食品ですが、人の健康にかなりの影響をあたえるものになります

食事 いらすとや に対する画像結果

 人には、それぞれ、自然に自分の体を改善する能力や、自然治癒力があるという意味があります

 このことは腸内細菌の働きもあり

食事からの栄養成分の抽出および吸収の補助

②病原菌などから体を制御するための免疫機能の一部としての役割

②腸の細胞を保護する働き

 他にも多数のことを行っています

腸 いらすとや に対する画像結果

 食べたものが、体に良い作用をしてくれるかどうかは、腸内細菌がどう処理して、吸収するかによってきます

 どのような、良い栄養を摂っていても、腸内が正常に働かなければ全く意味がないのです

加工食品の摂り過ぎは??

 ダイエットを行っていて、なかなか痩せないっということもあるかもしれません

野菜だけ いらすとや に対する画像結果

 そこで食事を大幅に減らして、野菜だけにしたり、ということを行いがちになります

 しかし、マウスを使った実験によると、餌を減らしたにも関わらず、体重は増加してしまい、体脂肪も60%も増加したのです

 この現象は人の腸内細菌でも確認されているのです

 よく最近では、デブ菌と言われる、腸内細菌が注目されています

 デブ菌を増やさないためにも、加工食品の摂りすぎ、脂質、糖質は摂り過ぎは控え

弁当 いらすとや に対する画像結果

 食物繊維の多い食べ物、発酵食品などを食べていく必要があるのです

腸と脳の関係性

 腸と脳には、密接なかかわりがあり、その関係性が、今では、多くいわれています

 腸には免疫システムも配置されていますが、同じように神経組織も多く配置されています

びっくり いらすとや に対する画像結果

 なんとその数5千万~1億になるのです

 このために腸のことを、腸は第二の脳と言われるようになったのです

 脳と腸と常に神経を通じており、メッセンジャーの役割もしていています

満腹 いらすとや に対する画像結果

 この神経が、お腹いっぱいになった際に食事の量を制御する働きがあるのです

 しかし、腸内環境が悪いと、この神経が正常に働かずに、食べ過ぎを招いたり、免疫機能低下を招くのです

 この機能を正常に保つためにも、お腹の中、腸から正常にしなければなりません

食物繊維 いらすとや に対する画像結果

 正常にしていくために必要なのが腸の栄養である、食物繊維

 現代では食物繊維が十分にとれていないのが現状です

 食物繊維を男性なら1日20g~、女性なら18g~はしっかりと摂取していきたいところです

 食物繊維をしっかりと摂取することで、腸の炎症を改善、お腹の中から綺麗なダイエットができるのです

 まとめ 腸と脳には密接な関係が、腸が悪いと体全体に悪影響

今回は腸のメリットについてです

 腸は今では、第二の脳と言われるくらい重要な臓器になります

 理解をしていくことで正しい、ダイエットにもつながります

腸には免疫システムの7割がある

 腸には不要な栄養素を取り込まない門番の働きも行っています

 さらには血流にのって、脳にいきその効果を発揮します

加工食品の摂りすぎは??

 加工食品n摂りすぎも、サラダだけという食生活は、どちらも腸に悪影響です

 デブ菌を増やさないためにも、加工食品はできるだけ避け、食物繊維を摂取していきましょう

腸と脳の関係性

 腸には、脳へのメッセンジャーの役割も有ります

 腸が乱れると、脳も乱れてしまいます

 脳と腸の関係性いかがでしたか?

 腸の改善は日々の食べ物で改善することができます、まずは普段の食事をしっかりと意識していきましょう

 いつも見ていただいてありがとうございます カウンセラー卓也でした

本日もよい夢をバイバイ(^_^)/~

カウンセリングのご相談はこちらから↓↓↓

福岡博多久留米カウンセリング 心茶屋 (eek.jp)

 本日はこの本からの引用・ピックアップ・抜粋になっています

https://kogatakuya0125.com/wp-content/uploads/2020/12/20201217_142524765-1080×720.jpg

ABOUT ME
kogatakuya0125
見ていただいてありがとうございます カウンセラー、終活アドバイザー、マネーリテラシー講座を主にやらせていただいております 時間があるとカフェオレの旅をしています