メイン

脂質を変えて、糖質も減少に 福岡 カウンセラー

あなたは、ご飯にラーメン、から揚げ、揚げ物など食べていませんか?

肥満が体に起こす体への影響を知っていますか??

極端なカロリー・糖質制限していませんか??

結論 人の体は食べたものでできている 極端な制限は気を付けていこう

 動画でも解説しています↓↓↓

 本日は食事で、体質改善、食事でダイエット法になります

 そのことを解説、引用したのが、石黒 成治先生の「食べても太らず免疫がつく、食事法」になります

食べても太らず免疫力がつく食事 に対する画像結果

 本日は正しく食べて、正しくダイエットに結び付けす方法になります

 今では間違ったダイエットが多数世の中には出回ってします

 ダイエットには自分に、合うもの、合わないものがあり、その方が紹介するといって、あなたに合うとは限りません

 中には、痩せることは痩せますが、ものすごく体に悪いダイエットもあります

肥満 イラストや に対する画像結果

 食べないダイエットども危険が伴いますので、自己判断ではなるべく行わないことが理想になります

 食べないということは、体に全く栄養を入れないということになってしまうので

 体の栄養を削って、栄養を保とうとしてしまい筋肉、骨、脳などに悪影響を与えてしまいます

 全く食べないことは、痩せることは痩せますが、その分リスクも大きくなるのです

 

 体には、しっかりと栄養を入れなければいけません

栄養 イラストや に対する画像結果

 そして体に入れる栄養にも注意胃が必要になります

 加工食品ばかり体内に入れてしまうと、添加物、栄養のかたよりと体が悲鳴を上げてしまうのです

 しっかりと食事に改善も重要ですが、間違った、ダイエット方法には注意が必要になります

内臓脂肪が不調、病気の原因に

 今では食が溢れているために、自分が好きな物、おいしい物を食べてしまいがちです

 おいしい物は、糖質と脂質で作られたものになります

糖質 脂質 イラストや に対する画像結果

 ラーメン、揚げ物、お菓子などは、タンパク質・ビタミン・ミネラルがあまり摂取出来ず

 脂質、糖質が非常に多い食べ物たちになってしまいます

 しかし、糖質、脂質の同時摂取が原因で、エネルギーにならなかった、物がどんどん、内臓脂肪になって行ってしまうのです

 内臓脂肪がどんどん蓄積されることで、体には異常、支障、病気を引き起こしてしまうのです

内臓脂肪 イラストや に対する画像結果

 内臓脂肪のためすぎは体からのサインになり、その先に慢性炎症になってしますのです

 

 慢性炎症は、消化吸収、ホルモン、免疫低下に影響が出てきてしまいます

 重症化してしまうと、脂質異常症、血糖値が上昇し、骨がもろくなったり、うつ病を招いたりもしてしまうのです

 免疫低下により、病気の回復能力も落ちてきてしまいます、病気にもなりやすく、治りにくいさらに重症化もしてしまいます

 肥満を放置するということは、病気を放置するということもなるのです

肥満 食事 イラストや に対する画像結果

 自分食べたものにより自分の体を異常にしていることになってしまうのです

脂質を意識し、糖質を減らしていく

 脂質にも種類があります、普段意識しないと摂りがちになるのが、オメガ6になります

 オメガ6にはコーン油、サラダ油とよく過程で使われている油になり、これらと、糖質の同時摂取で、肥満を招きます

 他にもオメガ3、オメガ9の脂質があり、これらの脂質は意識しないと摂取出来ないものになるのです

 オメガ3脂肪酸は、えごま油、アマニ油、魚(DHA/EPA)に多く含まれているのですが

 魚など摂取することの減った現代では摂ることが減っている脂質になります

ソース画像を表示

 オメガ3は脂質なのですが、体に良い影響を与える資質になり、DHA・EPAなどは血液の流れを良くしていきます

 さらには、血流が良くなるので、脳にも良質な血液がいきますので、子供の成長期にも重要な栄養素になっているのです

 そしてオメガ9、こちらも意識しなければ摂取出来ない脂質になり

 気軽に摂取できますので、しっかりと摂取していきましょう

オメガ9  脂 イラストや に対する画像結果

 オメガ9はオリーブオイル、菜種油などがあります

 

 オメガ3もオメガ9もサラダなどに少しかけていくだけで摂取かのうですので、意識して摂取していきましょう

 脂質の割合ですが

 オメガ3を1:オメガ6を2:オメガ9を1の割合で毎日摂取していきましょう

 脂質を変えたら次は、糖質になります

 朝にはパン、ご飯、昼には、ご飯に、ラーメン、うどん、から揚げ、夜には、ご飯におかずと

 このような食生活をいていると、糖質過多に状態になってしまうのです

ご飯 イラストや に対する画像結果

 肥満まっしぐらの食生活になってしまいます

 デザートまでも摂取してしまうと目も当てられなくなります

 

 糖質は体に必要な栄養素であることは変わりはありませんが

 摂りすぎることが良くないのです

 朝よりも昼、昼よりも夜と、糖質の量を減らしていきましょう

 しかし、糖質を減らせばいいというわけではないのです

 その減らした分は、野菜で食物繊維・ビタミン・ミネラルを摂取することが重要になるのです

野菜 イラストや に対する画像結果

 

 この野菜にえごま油(オメガ3)、オリーブオイル(オメガ9)をかけて食べることで

 良質な脂質を摂取でき、糖質の軽減もばっちりとできるのです

極端な制限ダイエットのリスク

 糖質を減らしていこうと聞いて、全く糖質をとらない方法をとられる方もいらっしゃいます

 今まで糖質を摂取していたのが、いきなり0に近づいてしまったり、極端に減らしてしまったりしてしまうのです

糖質制限 イラストや に対する画像結果

 しかし、このことが体には悪影響を与えてしまうのです

 炭水化物(糖質・食物繊維)は三大栄養素として、人体に非常に必要な栄養素なのですが

 そのことを制限してしまうのがよくはないのです

 糖質の制限をいきなり行うことで、体に異常をきたしてしまう方もおられ

 そして、途中にやめてしまうのです

ダイエット イラストや に対する画像結果

 過度な、カロリー・糖質制限は、気を付けなければなりません

 しかも過度な糖質改善はリバウンドも招きやすくなります

 たまにはいいかと、軽い一口が、もう一口ととまらなくなってしまいやすくなるのです

 人間は食べた物でできています、極端な制限はやめて、適量な摂取を心がけていきましょう

 まとめ 人間は食べたものでできている、脂質の意識と糖質を減らしていきましょう

 本日は正しく食べて、正しく痩せる方法になります

内臓脂肪が不調の原因に

②脂質を意識して、糖質を減らしていく

③過度な制限はやめる

 程よく、適量を心がけて食事をしていきましょう

 いつも見ていただいてありがとうございます カウンセラー卓也でした

本日もよい夢をバイバイ(^_^)/~

カウンセリングのご相談はこちらから↓↓↓

福岡博多久留米カウンセリング 心茶屋 (eek.jp)

 福岡のカフェ・喫茶店にブログもやっています、このこともうつ病の改善のためです

https://kogatakuya0125.com/2021/01/10/cafe-kinnniku/

 この本はこちらから

https://kogatakuya0125.com/wp-content/uploads/2020/12/20201217_142524765-1080×720.jpg

ABOUT ME
kogatakuya0125
見ていただいてありがとうございます カウンセラー、終活アドバイザー、マネーリテラシー講座を主にやらせていただいております 時間があるとカフェオレの旅をしています