メイン

食事でうつを改善を 福岡 久留米

いつも加工食品ばかり摂取していませんか??

栄養素を意識した食生活をされてありますか??

薬だけで、病気を改善しようとしていませんか??

結論 日々の食生活で、うつ病予防・改善をタンパク質、鉄分をしっかりと

 動画で解説もしています↓↓↓

 今回は食事で、うつ病の予防改善ができる

 藤川 徳美先生の「薬に頼らずうつを治す方法」になります

藤川 徳美 うつ に対する画像結果

 黄色の表紙が目印の本になっています

 注意点としまして、必ずとも全員が当て余る訳ではありません、しっかりと、主治医、専門医と相談をして改善していきましょう

 精神科の先生の中でも栄養素に詳しいわけではありませんので、そのことにはご了承ください

 しかし、今のあなたの食生活を見直していくチャンスでもあります

 私自身、この本を読んですぐに実行していきました、そうすることで、今もこの本の食生活

 プラスで、自分のオリジナルの改良を加えて、今では、毎日調子がいい状態が続いています

ビタミン いらすとや に対する画像結果

 以前は糖質中心の生活をしていましたが、今では、ご飯パンは、一切取らずにタンパク質・ビタミン・ミネラルの摂取を意識しています

 効果はてきめんでしたし、今も継続していますので、調子がずっと良いことが続いています

 薬だけの寛解率は30~40%と言われています、しかも、寛解しても社会復帰しても、また再発する確率が高まります

 再発をしてしまうと、また寛解することに時間がかかり、治りにくくなってしまうのです

 以前のままの生活をしていて、治しても同じ生活をしていてはその環境を良くしなければ、改善はみれません

 そこでまずは、口から入れる、食べ物で改善をしていくことが重要になります

食事 いらすとや に対する画像結果

 食事、睡眠、運動でしっかりと改善し、再発率も低くなります

 この3つを、継続していくとまたさらに体に良好な効果が出てくるのです

加工食品の摂り過ぎで・・・

 今ではあちこちで、食品を気軽に食べることができます

 その食品の中には、加工食品が溢れています、今私は、ほとんどの加工食品を食べることをしません

 加工食品を日々減らしていくことで、みるみるうちに体に良い方向に効果が出てくるのです

ソース画像を表示

 パン、麺類、弁当、冷凍食品、砂糖菓子などなどです

 一概にこれらの食品を否定する意味では、ありませんが、やめて体調が改善しているので、体は正直になります

 以上に食品は、どうしても糖質過多、脂質過多になってしまいます

 これらの食生活を続けてしまうと、肥満、生活習慣病から、重症化に陥ってしまい

 心の方にも影響が出てしまうのです

 十分な栄養がとれていないために、脳や腸などに必要な栄養、物質を送れなくなるのです

 糖質過多、脂質過多の食生活を続けていると、自ら病気を招いてしまうのです

病気 いらすとや に対する画像結果

 糖質の摂り過ぎで、体にはインスリン値が上昇してしまい

 そのインスリン値を下げるために、様々なビタミン・ミネラルが使われてしまいます

 ただでさえ摂取できてない栄養素を、さらに、げずっていかれるので、体の内面はボロボロになり

 神経伝達が働かずに、セロトニン不足になってしまいます

 セロトニン不足から、夜の睡眠にかかわるメラトニン生成にかかわってきます

 寝不足、うまくストレスを処理できずに、うつ病などの心の病になるのです

深刻なタンパク質・鉄分不足

 タンパク質

 加工食品の食事だと、全体的に栄養素が足りていない状態が続いてしまいます

 このことによりタンパク質不足が、深刻化してしまうのです

 パン・麺類・お弁当などでは、タンパク質は全く摂取できていない状態です

タンパク質 いらすとや に対する画像結果

 タンパク質は、1日に体重×1gの摂取が必要になります

 タンパク質も一度に摂取は良くなく、3食に分けて摂ることが重要

 もし体重が60kgの方は

 60kg×1g=60gの摂取が必要です

 60g÷3食になりますので、1食で、20gの摂取が必要になるのです

 今では、お店に行けば食品は溢れています、その中で何を食べるかが大事になりますね

 朝はパンとコーヒーだけの方も多いかと思います

 そこでパンにシーチキンや、ハム数枚と、卵をしっかりと摂ることが理想になります

おいしいトースト いらすとや に対する画像結果

 このことでタンパク質は10~15gの摂取が可能です

 そこにサラダを~100g摂取することで、吸収率もあげてくれます

 ヨーグルト、牛乳を付け加えてもいいでしょう

 朝は一日のスタートです、ここでタンパク質をしっかりと補給できないと一日、有意義に過ごすことができなくなるでしょう

 もし朝がバタバタと言われる方はプロテイン飲料で気軽に簡単に摂取していきましょう

 私が飲んでいるプロテインです、添加物も入っていませんので、安心して飲むことができます

 5kgも入っていますので、半年近くは持ちます

 プロテインの誤解なのですが、ムキムキになるのじゃないかと思われる方も多いと思いますが

プロテイン いらすとや に対する画像結果

 全くそのようなことはありません、栄養機能食品ですので、気軽にタンパク質をとれるものっと思うといいですよ

 鉄 分

 この本では、タンパク質の他にも、鉄分のこともに重要視しています

 体に必要なビタミン・ミネラルは非常に大切な物になり、足りないことで体に影響が出てきてしまうのです

鉄分 いらすとや に対する画像結果

 鉄分の他にも、亜鉛、マグネシウム、ビタミンDも免疫改善に有効なミネラルになるので、こちらも忘れずに

 鉄分を摂取する食材は、動物性、植物性のものがありますね

 動物性はヘム鉄、植物性の非ヘム鉄と言われ、非ヘム鉄はヘム鉄に比べ体に吸収率が10分の1になってしまうのです

 できるだけ、動物性のものを摂取していきましょう、鉄分は少ないですが、植物性の物にはビタミン・ミネラルの補給には重要です

 しっかりと鉄分の補給を忘れずに意識して食べ物を口にしていきましょう

元気 いらすとや に対する画像結果

私の愛用の鉄分サプリです

 まとめ 食事で気軽に予防と改善を、タンパク質と鉄分を毎日摂取

 本日は、薬に頼らずにうつを治療していく方法を記載されている

 藤川 徳美先生の「薬に頼らずにうつを治す方法」になります

 体重×1gのタンパク質摂取を毎日に基準値に

 その基準値をしっかり3食で補いましょう

 鉄分も動物性のものを重視していきましょう

 野菜もしっかりと添えて、ビタミン・ミネラルも同時に摂取を心がけていきましょう

 いつも見ていただいてありがとうございます カウンセラー卓也でした

本日もよい夢をバイバイ(^_^)/~

カウンセリングのご相談はこちらから↓↓↓

福岡博多久留米カウンセリング 心茶屋 (eek.jp)

 福岡のカフェ・喫茶店にブログもやっています、このこともうつ病の改善のためです

https://kogatakuya0125.com/2021/01/10/cafe-kinnniku/

https://kogatakuya0125.com/wp-content/uploads/2020/12/20201217_142524765-1080×720.jpg

ABOUT ME
kogatakuya0125
見ていただいてありがとうございます カウンセラー、終活アドバイザー、マネーリテラシー講座を主にやらせていただいております 時間があるとカフェオレの旅をしています