本のアウトプット

うつマッピングをしよう

うつ病を客観的に見てみませんか??

マッピングを行っていますか??

自分をしっかりと理解をしていきましょう

 結論 自分に合う治療法を、マッピングで、見つけていこう

 動画でも詳しく解説しています↓↓↓

https://youtu.be/pdfF6ChtgUk

 うつ病の治療法にはざまざま方法があります

 薬で改善するかたもいらっしゃいますが、薬だけの改善は全体の3割程度になります

 薬だけの改善では、もし寛解したとしても、生活習慣を改善しなければ、また病気を発症する確率が高いのです

 寛解して再発し、またそこから治療となると、また年月と、労力を使ってしまいます

 そこで私も用いたのが、うつ病マッピングになります

自宅で簡単PCR検査【Tケアクリニック】

 

 このマッピングは、ほっしーさんの「うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた」からの引用になります

 

 こちらに記載されていり、マッピングが非常に参考になり、実行していくことで、自分自身のことを客観的に見ることができるのです

 うつ病のことについてはいろいろな方の意見がSNS、ネットなどを見ているとたくさんありますね

 しかしそのことが自分にも当てはまるかというと、全く当てはまらないこともあり

 私はダメなのか・・・っと落ち込むこともあるかと思います

 いろいろ行ったけど、ダメな物ばかり、っとあきらめて、病気にぬめりこんでしまうこともあるのです

 そのことは本当は、あなたがダメなのではなく、その行ったことが、自分に合っていなかっただけのこと

 気にしなくてもいいのです

気にしない いらすとや に対する画像結果

 そこで自分なりに合う、合わないをメモしておく必要性があるのです

 メモを取って行いと、頭の中でしか処理できず、人間はマイナスのことを覚えやすくなっているので

 できなかった、合わなかった、ダメだったことが脳の焼き付いてしまうのです

 うまくいった時もあったのに、悪いことでかき消されてしまい、記憶に悪いことばかり残ります

 気持ちがどんどん落ちていってしまいますね

 うまくいったこと、自分が得意なこと、自分の趣味など、得意なことを伸ばすようにしていきましょう

長所 いらすとや に対する画像結果

マッピングは??

 では実際にマッピングをしていきましょう

 非常に簡単に行うことができます、紙を一枚準備してもらい

 真ん中に縦線、横線をひいていきましょう↓↓↓

うつ マッピング に対する画像結果

 縦軸には、効果が高いか、低いかを書いていきます、見やすいように上に高い、下に低いを持ってくると、判断しやすいです

 横軸にはお手頃か、難しいか、このことは自分自身の判断せすので、正解はありません

 左側に、お手頃、簡単を右側に難しいと分けていきましょう

 自分自身が感じたようにマッピングしていきましょう思ったままに行ったことを書いていきましょう

 たとえば本を読んで、、そのことが難しいと感じたら、右側に進み

 ためになったら、難しいけどためになったので、マップの右上側になり、〇を書いて、その中に本、読書を記載していきましょう

うつ マッピング に対する画像結果

 特に〇と限らずに自分自身で分かるように書いてもらえ大丈夫になります

 難しいことばかりと言って「ダメ」っというわけではありません

 どんどん自分のことを知ることができます、今まで気づきもしなかったことにも

 意外にも効果があるのです、そこから新たな趣味、発見があります

ソース画像を表示

 何がいい、何が悪いということはありません、何事にもチャレンジです

 本を読むこと、漫画を読むこと、パソコン、SNS、YouTube家でできることも多数あります

 効果がある、なしは人によって違いますので、効果がなくても気にせずに、チャレンジした自分をほめましょう

 行動する人は、どんどん自信がついていきますよ、自信がうつ病を、予防改善していくのです

自信 いらすとや に対する画像結果

 家でできることもあり、運動、筋トレ、ウォーキングと体を動かしていきこともあります

 体を動かしていくことで、回復、改善に拍車がかかっていきます

 しかし無理をしてはいけません、最初から大きく変えようせずに

 本なら1ぺージ、運動なら腹筋1回、ウォーキングウェアに着替えるだけっと

 最初のハードルは低く低くいきましょう、最初から飛ばしていくと体、心が持ちません

ハードル いらすとや に対する画像結果
ハードルをくぐるイメージ

 続かないと意味がありません、マッピングして、向き合い、続けれそうなこと、効果があると思ったことを続けていきましょう

 効果がないっと、自分で判断したものを、続けても効果が薄くなってしまうでしょう

 効果があると思ったことを続けていきましょう、そのことが習慣化することで

 いつの間にか打ち込むことができたり、趣味が増えたり、笑顔になる回数が増えてきたりと

 自然と生活の改善ができてきているのです、改善ができてくると、回復、寛解にも一歩一歩近づいていくことができるのです

 マッピングをしっかりと行い、自分をしっかりと客観的に見ていきましょう

 まとめ うつマッピングで、自分を客観視して、病気の改善、寛解に

 今日はうつマッピングのことについて記載していきました

 人それぞれ向き、不向きのことがあります、そのことをマップに書いて自分のことを自分のことを知っていきましょう

 知っていくことで今までの自分よりも何倍も大きくなっています

 生活改善を行うことで寛解後の、再発も防ぐことができるようになってくるのです

 まずは紙一枚に、マッピングを書くことから行動して行きましょう

 

 いつも見ていただいてありがとうございます カウンセラー卓也でした

本日もよい夢をバイバイ(^_^)/~

カウンセリングのご相談はこちらから↓↓↓

福岡博多久留米カウンセリング 心茶屋 (eek.jp)

 福岡のカフェ・喫茶店にブログもやっています、このこともうつ病の改善のためです

 今回ご紹介した本は、こちらになります

うつ病予防、改善は、タンパク質、鉄分、ビタミンを摂っていくことから

https://kogatakuya0125.com/wp-content/uploads/2020/12/20201217_142524765-1080×720.jpg

ABOUT ME
kogatakuya0125
見ていただいてありがとうございます カウンセラー、終活アドバイザー、マネーリテラシー講座を主にやらせていただいております 時間があるとカフェオレの旅をしています