本のアウトプット

親子で料理を 子供の発育には一緒に料理を

子供の集中力を親子で一緒に高めましょう!!

伸びないものを子供に食べさせていませんか??

おやつを一工夫で子供の幸福度アップを

結論 親子で一緒に料理をすることで、勉強しながら、集中力アップを

 動画でも解説しています↓↓↓

 本日は上原 まり子さんの「子どもの集中力は食事で引き出せる」の台所からの子育て革命になります

 子供の食事はやはり親御さんが管理している方も多いと思います

 最近では、おやつ、お菓子、清涼飲料水など改良が進みおいしくなってバクバク食べてしまうこともおると思います

 砂糖、甘味料は大人に対しても大きな影響があります

 大人に影響があるので、成長期のお子さんなどが摂取するとその影響は図り切れません

 お菓子、ジュースの管理もしっかりと行っていきましょう

伸びない食べ物とは??

 子供にはのびのび元気に育ってほしいところですね

 思いっきり走り回ったり、勉強したりと制限なく活動をしてほしいところですが

 日々の生活で、影響があるのが食事になります

 食事には伸びる食べ物、伸びない食べ物とありますが、今では伸びない食べ物を食べる機会の方が多くなっています

 蓋を開けると料理が食べれる、電子レンジで簡単料理など便利な反面、気持ちに及ぼす影響を把握しておきましょう

 パワーが思うように出なかったり、心が満たされていなかったりということがあります

 ゴロ合わせの様な感じですが

・缶詰 缶に入れられているために、窮屈から、心が窮屈に

・冷凍食品 体も心も冷えてしまう、感情も冷める

・真空パック 空気が密封されているので、呼吸が浅くなったり

 これなの食品が完全悪なわけではありません、程よく食べさせていきましょうね

 このことから

・出来立て

ゆでたて

炊き立て

 と温かい料理は子供に元気。パワーを与えていくことができます、食事の温かさには、おいしさ以上に子供の心も温めてくれるのです

 子供の元気の効果的なのは温かい手作りご飯になるのです

ソース画像を表示

おやつにひと手間で、気持ちも豊かに

 子供にとっておやつタイムは、毎日の楽しみになります

 おやつの安心安全も重要ですが、手作りのお菓子などでものすごく愛情を注ぐことも大切です

 しかし、毎日が手作りお菓子というわけにはいきませんね

 そこでちょっと工夫するだけで、市販のおやつに愛情を注ぐことができるのです

 袋、パッケージのまま渡さずに、お皿に盛り付けるひと手間を加えましょう

 飲み物も可愛いコップ、お洒落なカップなどに注いでいきましょう

 このひと手間で盛り付けていることで、目でもお菓子を味わうことができ、気持ちの面でも豊かになることができるのです

 しかも、お菓子の量も調整ができます、ヒト袋まるまる盛り付けるのではなく、程よく盛り付けをしていきましょう

 食事の改善とおやつの改善もすることで、子供には愛情をたくさん注ぐことができるでしょう

ソース画像を表示

子供の好き嫌いで食べないと悩んでいる方に

 料理には脳にもものすごくよい効果を及ぼします

 子供に料理をさせるには危険と思われる方もいるかもしれません

 料理の効果には、確かに危険なことがありますが、しかし、その危険なことも学ぶのにも良いことになります

 包丁の持ち方、置き方、どうすればケガしないか火の取り扱い、野菜の切り方、火の通し方など様々なことが勉強できますし、今後の生活にも生かすことができるのです

 食材も、野菜も嫌いなもの苦手なものを自分で調理させると案外食べてくれるようになってくれたりするものです

 野菜も旬の物や、栄養素などを説明したりと親子で一緒に学んでいくと勉強しながら料理を楽しくできるのです

 料理を楽しむことができれば、覚えることも早くなります、食育はそれくらい効果的なのです

 自分で調理をすることで美味しさも増しましになるので、子供からしたら、楽しくてしょうがないのです

 健康に気を付け、料理も学ぶことができ、好き嫌いも減らし足りできますので、一緒に料理を行うことは重要なことになります

 

噛むことを忘れずに

 今は大人でも噛むことがすくなっているかたがおおくなっています

 柔らかいものが増えてきており、噛まなくても飲み込むことができるようになっているのです

 噛まずにものをずっと食べていると、脳が満腹感を感じなくなりお腹は一杯なのに脳が満たされていないため限界を超えて食べ、肥満、病気の原因になります

 脳の発達や、認知症の予防、体力の向上など様々なことに影響してきます

 大人でも一口に30~50系は噛むことを意識していきたいところになります

 柔らかいものを食べることも大切ですが、脳の発育には小々硬いものを食べさせることも重要になるのです

 噛ませることを強制させることはあまり好ましくはありません、親子で一緒に食事を噛んでいくようにしていきましょうね

 

 まとめ 親子で一緒に料理をし、食育をしていこう

 親子で一緒に料理を行うことで、子供に様々なことを学ばせることができます

 料理はいろいろなことを考えながら行動します、その考えている時にものすごく脳を刺激しています

 休みの際などは、子供と一緒に料理していきましょう

親子料理 イラストや に対する画像結果

 本日は見ていただいてありがとうございます カウンセラー卓也でした

本日もよい夢をバイバイ(^_^)/~

福岡県周辺のカフェ・喫茶店101選↓↓↓

カウンセリング、終活、固定費の日々の節約のご相談はこちらから↓↓↓

福岡博多久留米カウンセリング 心茶屋 (eek.jp)

福岡カフェ・喫茶店のオープンチャット始めました↓↓↓

https://line.me/ti/g2/rTQ3rPQ1ygLX3XctttBsIQ?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

 この本のご購入はこちらから

 子供との料理グッズ

https://kogatakuya0125.com/wp-content/uploads/2020/12/20201217_142524765-1080×720.jpg

ABOUT ME
kogatakuya0125
見ていただいてありがとうございます カウンセラー、終活アドバイザー、マネーリテラシー講座を主にやらせていただいております 時間があるとカフェオレの旅をしています